FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

防災・下水道料金改定で活発な意見交換=3月議会報告 

 

議会説明会2016年4月29日

4月29日午前、ラディアンで”渡辺くにたか 議会報告会”を開催しました。
今回は、2016年度予算+2015年補正予算、陳情、条例、一般質問についてたくさん報告すべきことがあり、なかなか話題を絞りこみにくい報告会でした。
意見交換では、防災について、また、下水道料金改定について特に活発な意見交換がされました。

 熊本・大分で震災が起こり、多くの方が避難先や避難場所での生活を余儀なくされています。二宮町の住宅や公共施設についての耐震がどの程度進んでいるか、災害時の対応・避難計画などの準備はできているか、などの質問や意見が出されました。 最近、「耐震改修促進計画」が出されましたが、今年度予算では耐震診断は10戸、耐震補強の支援は5戸となっている状況を報告すると、補正も含めて町民の安全優先で計画を進めてほしいとの声も。 地区長会では複数年にわたり防災について研究し町に提案をしたが、その内容が議会に伝わっていないとの指摘もありました。

 下水道料金の引き上げについては、町の説明はわかりにくい、13.1%という引き上げ幅は何とかならなかったか、上水道の使用料と切り離して下水量の使用量を把握する方法はないのか 等の意見が続きました。 報告会終了後も、資本費と維持管理費の関係が良くわからないとの意見がありました。料金決定の仕組み、運営経費の中身(=新規の投資、維持運営費用(町下水道+酒匂川流域下水道)、過去の投資に対する元金と利子の支払い(資本費))、国からの補助の内容など、複雑ではありますが、たいへん重要な点です。下水道料金の決定に対する態度は、重たいものがあると思います。
 今後、支援者の皆様にも下水道特別会計の「仕組み」について理解を深めていただけるよう、いろいろな機会を通じて取組みを進めます。



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top