FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

9月議会・決算に対しては反対をしました 

 

DSC07816.jpg
= 吾妻山公園ですくすく育つ菜の花、年末にはきれいな花が咲き始めます=

 9月29日の本会議の、平成26年度の決算について表決。私は、①一般会計、②国民健康保険特別会計、③後期高齢者医療特別会計、④介護保険特別会計について反対しましたが、賛成多数で可決されました。 ➄下水道事業特別会計については全員賛成で可決・認定されました。私は①から④まで反対の立場で討論しました。

町は国政からくらし・福祉を守る立場をとってほしい
         生活インフラの整備・子ども子育てでは評価


 平成26年度決算は、坂本前町長のもとで予算が組まれ執行、村田新町長のもとで初めての決算でした。
 一般会計について、くらし・安心に関する分野での前進(救急自動車の更新、公共下水道工事の進捗、街路灯のLED化の推進など)、子ども子育てでの相談体制や一時預かり事業、準支援児童に対する支援など、また、生活インフラの整備(平成28年度からの広域体制での可燃ごみ処理、剪定枝資源化施設の建設)、住宅リフォーム制度の定着、高齢化医療でのインフルエンザ、肺炎球菌ワクチンの高い実施率などは評価できます。
 一方、小児医療費助成の中学校までの拡充が26年度内には準備にとどまったこと(平成27年度には実施)、国保税の一般会計からの繰り入れは実質ゼロで、近隣との国保税の差は縮まらなかったこと、図書館の司書定数減が進められたこと、マイナンバー制度についてのシステム改修を進めたことなどを問題です。アベノミクスの恩恵が行き渡らない中、消費税増税や年金の削減など町民の生活が苦しくなっている。町は生活者の目線で国政からくらしを守る立場を貫くべきだとして批判、決算について反対しました。

予算は”したいことの見積書”、決算は”いかに施策を実現したか”
 決算については、一部で「もう使ってしまったからあまり重視しない」という声も耳にします。予算は、どのような施策を計画するか、どのように見積もっているかというものですが、決算はいかに施策を実施して来たか、を見るもので、単に無駄な出費が無いかをチェックするものではありません。そこにはおのずと町長と町幹部の姿勢が現れます。町会議員の任務は、町民の声を議会に届けるとともに、行政を監視することです。町民・有権者の皆さんの声をいただき、政策に磨きをかけるよう、勉強をすすめます。

 

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top