FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

「安全保障関連法案」の撤回を求める二宮町議会議員有志のアピール 

 

 意見書が否決されましたので、一昨日、アピールについて有志議員で同意しました。 ここに皆様に発表をさせていただきます。

 安倍政権は、集団的自衛権行使容認を柱とした「閣議決定」(平成26年7月1日)を具体化するための「安全保障関連法案」を今国会に提出した。
 「安全保障関連法案」は、10の改正と1つの新法から成り立っており、集団的自衛権の行使を容認し、自衛隊を海外に派遣して他国軍隊の軍事行動を支援する活動等を認めるものである。また、後方支援などの曖昧な定義は、日本の自衛隊を戦闘に巻き込み、武力の行使へと導く危険性をはらんでいる。
 衆議院憲法審査会に参考人として招致された憲法学者3人全員が、集団的自衛権の行使を憲法違反とする見解を述べたが、集団的自衛権の行使を盛り込んだ本法案が違憲であるということは日本の憲法学者の多数の見解でもある。また法案に反対する日本弁護士連合会の会長声明も出されている。
さらに憲法改正手続を踏むことなく憲法の実質的改正をしようとする行為は国民主権の基本原理にも反し、立法により事実上の改憲を行おうとする本法案は立憲主義を否定するものである。
二宮町議会は、昭和57年に「二宮町平和都市宣言」を満場一致で可決している。この宣言は、「力の均衡論」に基づく平和では無く、唯一の被爆国であり戦争を放棄した我が国として、「人類の永遠の幸福の為に平和という理想に向かって努力する」ことを謳っているが、その精神は変わることが無い。
私たち二宮町議員有志は、「安全保障関連法案」による安全保障法制の改変に反対し、政府に対し本法案の撤回を求めるものである。
                                          平成27年9月5日

二宮町議会議員 一石洋子 小笠原陶子 杉崎俊雄
           つゆき佳代 根岸ゆき子 渡辺訓任 (五十音順)

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top