FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

二宮町の中心を流れる葛川の河川改修を急げ―8月17日は氾濫なくすみましたが… 

 

 8月17日午前5時ごろからの1時間ほど、二宮町でも激しい雨が降りました。
 平塚のアメダス(公所にあります)の記録では、午前5時台9㎜、6時台30mm、7時台36ミリの合計75㎜の降雨。 二宮からこの雨は移動していった模様で、降水量もそれに準じたものと思われます。 塩海橋の記録では一時水防団待機水位(1.2m)を超えましたが、雨のピークを越えた6時前から徐々に水位が下がりました。 葛川は、午後も一時水位が上がりましたが、氾濫することなくすみました。
 町担当者に話を聞いたところ、8月7日に内輪橋の下の土砂を均して、流れを良くした後だったということで、この点が奏功したと思われます。 (今回はしゅんせつはなされなかったようです。) しかし、一日置いた今日(19日)の状況では、多少土砂が再び堆積していると見受けられます。 抜本的に安心するためには、河川全体での改修が必要です。 町からも県への要望は出していますが、日本共産党中郡議員団としては、来年度の予算要求にあたって、県に対して改修予算を十分確保するよう働きかけていきます。
 釜野地区の森の脇橋付近、二宮駅北口付近など他の地点も心配した溢水や冠水もありませんでした。 グレーチング(側溝の排水用すのこ)にゴミのつまりもありませんでしたので、水はけを良くすることを含めて総合的な対策の大切さも実感しました。 

DSC07669.jpg
8月17日午後6時ごろ、葛川ー田代川合流点(ラディアン前)

DSC07700.jpg
8月19日午後2時ごろ、同地点(しゅんせつも均平化もされていないので、土砂の堆積が見られる)

DSC07670.jpg
8月17日午前6時ごろ、内輪橋方向(激しい流れが橋に達しようとしている)

DSC07701.jpg
8月19日午後2時ごろ、同地点(均平化の効果で、橋までの流れはよどみが無いが、橋の下流では堆積した土砂が見られる)

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top