FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

二宮町で”アベ政治許さないの街頭行動” 

 

DSC07611.jpg
7月18日午後1時、生涯学習センターラディアン前交差点で、「アベ政治許さない」のスタンディングを行いました。これは、澤地久枝さんらが呼びかけ、全国で同時刻に俳人の金子兜太が書いた「アベ政治を許さない」のポスターを掲げることに歩調を合わせて、二宮町でもやってみようと、小笠原議員、露木議員、一石議員と急遽呼びかけて実施したものです。小雨の降る中でしたが、皆で元気に通行する方と車へ向けて、アピールをしました。参加者のお母さんの中には手作りのポスターを持ってきた方も。反応はおおむね良好で、「頑張ってね」と声をかける通りがかりの方も、車から手を振る方もいらっしゃいました。
 この時間、平塚駅前では約300名、厚木駅前では70名、大磯駅前では60名が集まって同じように抗議行動を行ったとのことです。
 私のほうには、「知っていればぜひ参加したかった。こんな重要な状況で何もしない訳に行かない。」という声も届けられました。お知らせの方法がFBなどに限られていたこともありますが、多くの方の気持ちをくみ取ることができず申し訳ありませんでした。これから、どのように継続していくか相談をしていきたいと思います。
 *   *   *    *
 昨日、電話をいただきました。「安倍内閣が強行採決するのを見てビックリしている。自分は出征のためのバンザイを3回行った。兄は応召し、戦死通知の電報が来ると、家庭の様子は一変してしまった。。兄嫁は、秦野にある実家へ帰ることになり、二宮駅が射撃を受けたその日、昼間リヤカーを押していたら米軍の艦載機の射撃にあい、夜まで藪の中にリヤカーを隠してやり過ごした。戦争に良い戦争も悪い戦争もない。やったら終わりだ。残されたものにとっても大変なことになる。そんな戦争につながる動きは止めていかなくてはいけない。兄は勉強が良くできるひとであったが、母は金鵄勲章などいらないから生きて帰ってほしいと言っていた。これが母親の気持ちだと思う保育園の保母さんが、この子たちを戦争に巻き込むわけにはいかないと話しているのを聞いて、頑張って欲しいと思い電話を掛けた。」 ほんとうにこのように感じられている方が多いと実感します。
 *   *   *    *
 なぜ、8割の人が今国会での成立について疑問を持っているのに、強行採決をするのか。それだけの切迫している事態があるのか私には理解できません。むしろ、時間をかけて論議するほど、違憲性もよりはっきりするし、経済政策もお金持ち優遇、円安のおかげで庶民は苦しい状況がより進む中で、安倍退陣の世論が進む前に強行してしまえという狙いというほうが納得できます。安保改定をして良かった、当時違憲という意見もある中で自衛隊を発足させて良かった、政治家が結論を出すのだというのも、立憲主義をないがしろにする論議。ともかく、この法案を通さないよう頑張ってまいります。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top