FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

5.3 憲法集会@横浜臨海公園 

 

憲法集会
(写真は壇上であいさつする大江健三郎氏、井上ひさし氏が存命であればきっと駆けつけただろう!と思いました。)

昨日、初夏を思わせる横浜臨海公園に主催者発表で3万人を超える人が、憲法を守ろうという気持ちで集まりました。 (3万人を超える集会は、30年前核廃絶で代々木公園に行って以来かもしれない…) のぼりばたを見ると、長野や島根、また、キリスト教者、9条の会、退職教職員の会 などなど多種多彩。 (毎日新聞は社会面の中ほどで取り上げていましたが、3万人とは書かなかったですね…)

会は、次のスローガンを採択し終わりました。

*   *   *
私たちは、
「平和」と「いのちの尊厳」を基本に、日本国憲法を守り、生かします
集団的自衛権の行使に反対し、戦争のためのすべての法制度に反対します
脱原発社会をもとめます
平等な社会を希求し、貧困・格差の是正を求めます
人権をまもり、差別を許さず、多文化共生の社会を求めます

私たちは、これらの実現に向けて、全力でとりくみます
いま、憲法は戦後最大の危機の中にあります
全国に、そして全ての国々に、連帯の輪を広げて、ともにがんばりましょう
*   *   *

私は、初めて大江健三郎氏の生の姿を見ましたが、氏は、核兵器による人類の絶滅を救おうと、親交のあった故ギュンター・グラス氏の死を悼みつつ、「”安倍”はアメリカ上下両院でウソを言った」と厳しい口調で糾弾。 そして、ここにこれだけの人が憲法を守るために集まっていることが希望だと述べました。

憲法学者の樋口陽一氏は、生前菅原文太氏が、憲法の精神をわかりやすい形で訴えていたことを、政治とは①国民を飢えさせない事、②絶対に戦争をしない事と喝破していたと紹介。 「立憲主義」を理解しない議員たちが「改憲」を口にしている。 安倍内閣は「日本を取り戻そう」などと大うそを言っている。 日本には自由民権運動があり、大正デモクラシーがあり、戦後の民主化を推し進めた歴史がある。 「論議をタブー視してきた」から今こそ論議を というのも大うそ。50年前、岸信介首相の時に、国民がNOを言ったから、憲法調査会なるものを作って改憲を進めようとしてきたことに、ずっと、学者、研究者を含めた市民は闘ってきた。 と訴えました。

香川リカ氏は、憲法を守れない人に憲法を変える資格はない。 改憲などは今のすばらしい憲法を使い尽くしてから考えればよいのだ。 今の憲法を守る政治を実現しようと訴えました。 また、幻のヒロイズムを若者に押し付けようとしている状況は許せない、ヘイトスピーチを許し、メディア、教科書、さらに学問・大学の自治まで手を付けようとしている状況を糾弾しました。

他、雨宮処凛、澤地久恵氏が呼びかけ人として挨拶。

さらに政党や沖縄の代表も挨拶。 さすがに、民主党が登壇した時にはあちこちから「フラフラするなー」とヤジが飛びましたが、そこは司会の木内みどり氏がうまく納めました。

正直言って、昨年の憲法記念日には、安倍内閣がこれほど急速に、広範にさまざまな悪法を準備するとは想像していませんでした。 また、アベノミクスも国民の中で格差拡大を進めている中、巧妙に若者をとらえていくことを強く危惧します。なりふり構わず、幅広い人に憲法を変えないよう訴えて頑張る必要を感じた次第です。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top