FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

二宮町2014年度補正予算について 

 

2014補正予算4号
報告遅れました。
 町議会3月議会最終日、「地方創生」関連の2014年度補正予算案が全員一致で可決しました。予算総額は6千2百万円で、全額が国の支出です(表をご覧下さい。)。
 総合戦略の策定にあたっては、町は「産官学金労言」等からなる「(仮称)二宮町総合戦略検討委員会」を設置すると説明。さらに、具体的には地区長、子育て世代、学生、議員など各階層から公募の代表を含むものだと答弁。町民主体で、くらしを良くする視点での検討が望まれます。
 住宅ストックの活用は、村田町長の施政方針に含まれる空家の調査・活用を一歩進めることになります。調査結果に基づいて空家データベースを作成し、持ち主に活用を促し、空家バンクを作成します。空家バンクの運営までは町で、実際の賃貸に関する実務については民間で進めることを想定しています。民間と差別化、町の魅力を訴える空家バンクの実現が鍵になります。
 同居・近居の推進事業は、子・孫との同居・近居についての住宅購入(新築・中古)、同居のリフォーム、同居・近居に伴う賃貸住宅への引っ越し費用などの支援を含んでいます。若い世代が高齢者と同居・近居することで、高齢者の生活支援と若者の定住を図ります。
 プレミアム商品券については、一冊1万2千円の商品券を1万円で販売。1万3500冊の発行を予定しています。販売時期は7月で8から12月までが試用期間になる予定。前回のプレミアム商品券の発行時に生じた混乱を避けるために、今回は希望者に往復はがきで応募してもらい、応募多数の場合は抽選を実施とのこと。プレミアム商品券の総発行金額は1億6200万円になりますが、これが一過性に終わらず地域経済全体に効果を広げられるように、販売開始までより良い実効策が検討されます。
 四月から様々な値上げが目白押し、1日発表の3月の企業短期経済観測調査(短観)も内需の低迷を示している状況。政府がこれまでの地方いじめには口をつぐんで、”地方創生”を叫ぶのは選挙対策としても、町を良くできる様に活用を図っていきましょう。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top