FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

二宮町2015年予算(案)発表 

 

実現しました!  小児医療費助成拡充 
2015年町予算(案)発表

 18日、町は2015年の予算(案)を発表しました。全体の規模は、一般会計・特別会計総額157億1844万円で前年度に対して、4.3%の増額となります。この額は町民一人当たり27万1700円にあたります。
 子育て支援の一環として、これまで要望が強く、浅賀前議員から引き続き渡辺議員が求めて来た小児医療費助成の中学生までの拡充が実現しました(8500万円)。これにより、多くの育ちざかりの子どもが医療を受ける事ができるようになります。所得制限は引き続き残りますので、これについては引き続き撤廃を求めていく必要があります。また、新しく不育症対策(50万円)も盛り込まれました。
 防災関係では、1市2町消防救急無線デジタル化整備(4100万円)、住宅耐震改修補助(800万円)。釜野および下町の雨水対策が盛り込まれています。
 ごみ処理広域化関係では、剪定枝処理施設が今年秋稼働開始の予定(2億2200万円)、大磯町に設置するリサイクルセンターの整備負担金(8800万円)が盛り込まれています。
 一方、高齢者の生活の分野では、介護保険料の改定幅を抑えたことは評価できるものの、「介護人材の育成などへの予算のシフト」「地域福祉計画の策定と社会福祉協議会との連携の推進」などトーンが低い印象です。次の10年、20年後を見据えた「未来に繋げるまちづくり!」とともに、お年寄りの生活の質を高める施策の早急な具体化が必要です。
 歳入については、町税が個人町民税と固定資産税で合わせて1億5600万円の減収を予測、地方消費税交付金の増額(8000万円)剪定枝資源化事業整備・運営に関する負担金(1億6500万円)・国庫および県支出金の増額も見込んでいます。町債も梅沢人道橋補修事業、(仮称)剪定枝資源化施設整備事業、臨時財政対策債として出され、単年度としては町債は6000万円の増加です。
***
2015年度二宮町予算(案)
       2015年予算 2014年予算 前年比 %
一般会計 7,788,000  7,600,000   188,000 2.5%
特別会計 7,930,441  7,471,968   458,473  6.1%

合計   15,718,441 15,071,968    646,473  4.3%
単位:千円
***
 長引く不況の中で町税の確保にも影響が出ています。抜本的な町税収入の増額には国民の懐を暖めるとともに、地域循環の経済活性化が求められます。
 町議会3月定例会では予算について幅広くまた深い審議が望まれます。 私は、3月5日の予算総括質疑に立つ予定です。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top