FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

二宮町の新春のつどい とんだ講演に 

 

 今日は、二宮町新春のつどいに出席しました。 第一部の自治功労表彰、教育委員会表彰はつつがなく終了。 子ども会育成会本部の時や釜野地区で一緒に仕事をした方々、さらに神輿関係でも大事にしていただいた方々が表彰されうれしく感じました。 一方で来賓に自衛隊が入っていたのはオドロキ。 いつからそうなっていたのか??
 第二部は”新春時局講演会”。講師の井脇ノブ子氏は、元衆議院議員ということで、どうなんだろうと思ってはいました。 ただ、町の講演に呼ぶぐらいだから、政治的立場は違っても、そういった次元を超えた見識の高い話が伺えると期待していたので、とんだ講演に… 井脇ノブ子氏はしょっぱなに”小泉チルドレンとして大阪11区から衆議院議員に選出されて、教育基本法改定に手をつけた”という話。モンスターペアレントに対抗するには先生としての見識と経験を持たないとダメ、そのためにはインターン制度の導入、各県に師範大学を設置する必要がある。 教員養成課程以外で、教職取得に必要な単位を取ってなった教職員はダメ(私は、中学校一級理科、高校二級理科、農業の免許を持っていますが、ダメなんですね…)。
 その次には5万人を育て上げた、少年の船で子供を変えた・育てたという経験話。
 そのうちに、河野太郎氏は子ども時代から改革派のトップ、日本の担い手、と持ち上げ、「河野太郎を総理大臣に」送り出しましょう。と教育の話を離れて脱線。 さらに、大阪11区の時には、265億円で小学校2065教室にエアコンを設置させた話や、過去は枚方市は組合代表の衆議院議員しか出ていなかったので、自民党議員としてお金を引き出した話など、予算取りの指南まで…
 さらに、陽子線治療センターや廃油をつかったバイオ発電施設を二宮町に誘致できないかとの話まで飛び出しました。資金については井脇氏の伝手で融資の道筋ができるとの話。
 帰って、気になって、井脇元衆議院議員についてネットを見ると、理事長だった開洋学園から少年の船財団への不明朗融資の件、開洋学園の不安定な経営、そして 寮生の待遇問題など、いろいろな胡散臭いうわさがあったようです。 元衆議院議員といってもいろいろな方が… このような講師を招いたことや、話の中で、一党の支持者集会でもないところで特定の議員を総理大臣に という形で持ち上げるやり方については疑問を覚えます。 私は、子どもから世界を見せる、世界と触れ合う重要性については同感ですが、一般的には教育を取り巻く情勢は複雑で、先生のもつ多様性についても今後重要になると思います。
 私は次の様に考えました。①新春のつどいに、講演会は必要ではない? ②よしんば必要と判断された場合には演者の選定にはもっと配慮が必要 ‐ 党派を利するだけの人・内容では無い。また、表面上の経歴では無く、可能な限りいろいろな情報を得て決定する。
 教育力という言葉に期待をしておりました… 、

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top