FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

二宮町議会臨時会 初めての議会 

 


 昨日(12月4日)、二宮町議会臨時会が開催されました。初めての本会議。議長・副議長選挙から始まり、各委員会と正副委員長の選任を行い、つづいて、急いで承認すべき案件を審議しました。
 三役として議長に添田孝司氏、副議長に根岸ゆき子氏、監査委員に杉崎俊雄氏を選びました。また、表のように委員会構成を決定しました。 構成を決定しました。添田氏は所信表明の中で「議会基本条例を策定して来た立場と経験を活かし、より多くの町民の意思を町政に反映させることのできる」議会運営を強調しました。 新しい議会構成は表のとおりです。

2014年二宮町議会委員会構成

 また、追加日程の中で、①衆議院解散に伴う選挙に要する補正予算についての専決処分の承認、②人事院勧告を受けての職員給与に関する条例の一部改正、③同様に特別職の職員の給与に関する条例の一部改正、④~⑧人事異動および給与改定を受けての補正予算(一般会計、国民健康保険特別会計、後期高齢者医療特別会計、介護保険特別会計、下水道事業特別会計)について審議、可決されました。

年間の勤勉手当については、0.15ヵ月分増えます
 人事院は、民間と国家公務員の給与の比較をし、差異があった場合には「勧告」を出します。今回、町は勧告を受け容れ、①若年層に重点を置いた月例給の引きあげ(平均0・2%、初任給2000円)、②通勤手当を距離に応じて改定、③勤勉手当の支給月数を0・15月分増加させることとしました。これらは2014年4月に遡って適用されます。
 しかし、この改定の原資を確保するため、来年1月1日の昇給についても人事院の勧告に基づき、1号給抑制が実施されます。また、この改定は正規の職員のみに適用されます。
 現在町では正規職員とほぼ同数の臨時職員が働いています。多様化する住民のニーズに応えていくためにも職員の充実が必要です。国は「地方創生」など耳触りの良いことを言っていますが、人材確保を含めた財源移譲こそが必要です。

 一日、委員会室と本会議場を行ったり来たりでした。 これから、より住みやすい二宮づくりに向けて頑張ります。と気持ちを固めるのであります。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top