FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

南京大虐殺、従軍慰安婦は無かった? 

 

「中国による「南京大虐殺」「従軍慰安婦」のユネスコ記憶遺産への申請に強く抗議し、日本政府に対し、登録阻止に向けて万全の措置を求める意見書を国へ提出することを二宮議会に求める陳情」というのが正式な名前の陳情。幸福実現党平塚後援会から出されており、昨日この審議を傍聴しました。
大まかにまとめると次のような説明でした。
「南京大虐殺」
・そもそもそのような事実は無かった。
1.当時の南京の人口は10万から20万と推定され、30万人の虐殺はあり得ない。
2.南京の人口増加は増えており、治安が良かったとの報告がある。
3.当時の中国指導者、毛沢東、蒋介石のいずれもこの件について言及していない。
4.中国国民党から英国メディアを使っての宣伝であった。
「従軍慰安婦」
慰安所は単なる売春であり、強制性は無かった。
1.慰安所員は、好待遇であり(現在の収入で月額150万円位)、募集に殺到。兵隊とのデートもあるぐらいであった。
2.河野談話は裏付け調査も無く、強制性を示すものは無い。
3.朝日新聞の30年にわたる報道も一部が虚構であった。
4.性奴隷ということはあり得なかった。
事実に反することが登録されたら、世界から野蛮な民族とレッテルを貼られる。
子供が誇りを持てなくなる。米国に従軍慰安婦の記念碑がたくさん作られており、まさに国家存亡の危機である。
戦後70年を機会に虚構の歴史、自虐史観をやめるべきだ。
議員の皆様、日本人としてこれをどう思うか。おじいさんが悪い人だったと思っているのか。日本人として誇りを持てるように、正しい歴史認識を持って欲しい。
ユネスコに判断を任せるとウソの報告がまかり通る。

二宮町議会では、”一方的な歴史の理解にくみすることはできない。”ということで不採択になりました。 大磯・平塚でも不採択になったようです。
意見交換の中では、この二つの問題を突破口にして戦争を肯定するような風潮に懸念を感じるという意見も出されました。 それにしても、国として戦争を行い、残虐な行為をしたことを認識することが、どうして”自虐的”で”日本人の誇り”を失うことになるのか、その考え方が理解できません。それが個人の人格を否定することにも到底つながらないと思うのですが…
ともかく、今が頑張り時と思います。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top