FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

台風18号の跡 

 

葛川・ラディアン付近
ゴミで詰まったグレーチング
昨日(10月6日)は、台風が最接近する時点で、町内各所の状況を見て回りました。 調査を開始した時点であっという間に雨が上がりびっくりしました。 幸い、二宮では大きな被害が無かったようですが、平塚など近隣では大きな被害があったようです。 
① 釜野橋、運動場入口 両交差点では水はけが悪いことと、道路のくぼみに水がたまっていたが、交通に支障がある深さではなかった。 排水口・グレーチング(排水用の金属製のすのこ)に上流などから流れて来た落ち葉・ごみが詰まっており、水はけの支障になっていた。
② 釜野地区 江川商店から森の脇橋の間は、大きな水たまりもできておらず、グレーチングを増やしたことが機能しているように見られた。
③ 釜野・梅沢との境あたりのバス道で、グレーチング2ヶ所、落ち葉・ごみで完全にふさがっており、かなり水が道路に広がっており、安全な通行の妨げになっていた。近隣の方と一緒にごみを除去したところ、水はきれいに流れた。(写真は、ゴミを半分除いた状態)
④ 駅前の交差点でも同様に、グレーチングが落ち葉・ごみ・砂で詰まっており大きな水たまり。
④ 釜野地区、児童館、みどり幼稚園裏のがけは特に異常なし。
⑤ 久保団地のほうで近隣の方がいらしたのでお話したところ、道の一部に穴が開いて、下が空洞になっているところを応急措置で蓋をして、目印にコーンを設置したとのことで、現場を確認した。(20cmぐらいはえぐれている。)
⑥ 葛川は、ラディアン前の観察では、あと50㎝ぐらいで溢れるぐらい。 (写真)
➆ 原田、下町4区でも冠水したかどうかは不明の状況。造成現場では、表土に水のために溝ができており、流れ出した土砂が水路に流れ込んでいる。 (この状況をどう見るか、行政にも確認します。)

昨日は、平塚のアメダスでは時間当たり68.5mmの雨を記録、小田原では最高でも38.5mm。 時間あたり50㎜というのが設計上の前提であるので、最近の状況を垣間見るに、抜本的に洪水対策を見直すことが必要と思われます。 特に葛川に関しては中井町の状況と合わせて把握する必要があると強く感じます。

葛川のところで近くの方にお話を伺いましたが、「結局10年間何も変わっていない」と県・町行政だけでなく、議員に対する不信もぶつけられました。 この点も深く心に刻む必要ありです。


category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top