FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

猫に投票するネズミ:私たちは猫を選んでいるのでは? 

 

d27e812a-e155-4b23-94b4-55060feada96[1]

5月29日(日)にPEACE&LIBERTYが主催した勉強会。講師は、上智大名誉教授でメディア論が専門の石川旺氏。
その中で、「猫に投票するネズミ」の話がありました。 もっと知りたいと思い、少し調べてみると、この話は1944年、カナダでTommy Douglasがスピーチしたもの。 彼は、カナダで初めて社会党政権を率いた方であり、カナダの医療保険制度を作った方です。私なりに、彼のスピーチを訳してみました。
読めば恐ろしい。今の日本の私たちが置かれている状況とあまりにも似ていませんか? 猫に投票しようとしている皆さん、今度の選挙こそネズミの代表を選ばねば… 
和約が稚拙かもしれませんが、ご容赦ください。(Governmentについては、政府とすべきか、政権とすべきか、良い訳があれば教えてください)

****

これは、マウスランド【ネズミの国】の話。マウスランドは小さなネズミたちが生きて、遊び、そして、生まれて死んでいくところ。私たちと同じような暮らしを営んでいました。
ネズミたちには議会もありました。4年ごとに選挙が行われていました。昔は投票のため歩いていきましたが、車に乗って投票に行くものもいました。次の4年そしてその後も乗って行ったのです。あなたと私のように。投票日には小さなネズミたちは投票に行って、選挙で政府を選んでいたのです。
政府は、大きな、太った、黒い猫たちがつくっていました。
もし、ネズミたちが猫からなる政府を選んでいるのを妙に思うならば、カナダのこの90年の歴史を見てほしいのです。ネズミたちが我々よりももっとバカだというわけではないことに気づくでしょう。
私は何も猫が悪いとは言ってません。彼らは尊厳をもって猫の政府を運営していました。猫たちは良い法律を成立させました。猫たちに良い法律です。猫たちには良くてもネズミたちには良くないものでした。法律の一つは、ネズミの穴はネコの前足が入る大きさでなくてはならないというもので、別の一つはネズミが走る速さの規制、それにより猫たちは大した努力もせずに朝飯を捕まえることができるものでした。
新しい法律は良い法律。猫たちにとっては。しかし、ネズミたちには厳しいものでした。生活は厳しく辛くなりました。ネズミたちは、これ以上我慢ならないというところへ来て、何かをしなくてはと決心。彼らはひとまとまりになって投票に。そして、今度は黒い猫を追い出して、白い猫たちに投票しました。
白い猫たちはすばらしいキャンペーンを始めました。猫たちは「すべてのマウスランドにはさらなるビジョンが必要だ」といい、「マウスランドの問題はネズミの穴が丸いことなのだ。私たちに入れてくれたら、穴を四角くしよう」と言い、その通りにしました。すると、四角い穴はもとの丸い穴の倍の大きさになり、猫は両手を入れることができるようになりました。ネズミたちの生活は以前より厳しくなりました。
ネズミたちが我慢できなくなると、次に白い猫は止めて、また黒い猫に入れました。白い猫になったり、黒い猫になったり。ネズミたちが連合と呼ぶ白黒半々の猫も試しました。また、斑点の猫からできた政府になることもありました。その猫たちはネズミのような声を出しても猫のようにネズミを食べることは変わりありませんでした。
おわかりでしょう、友達の皆さん。問題は猫の色では無かったのです。問題は彼らが猫であったことです。猫だから自然とネズミではなく猫の面倒を見たというだけです。
最近、一匹の小さなネズミがひらめきました。皆さん、そのアイデアに注目です。そのネズミは友達に言いました。「なあ、どうして猫の政府を選び続けるんだい? どうしてネズミの政府を選ばないの?」「おーっ」ネズミたちが言いました。「奴はボルシェビキだ。捕まえろ。」
ネズミたちはそのネズミを投獄してしまいました。
しかし、私は思い出してほしいんです。ネズミや人間はひっくくることができても、考えというものをつなぐことはできない事です。 
Tommy Douglas, 1944年の演説

This is the story of a place called Mouseland. Mouseland was a place where all the little mice lived and played, were born and died. And they lived much the same as you and I do.
They even had a parliament. And every four years they had an election. Used to walk to the polls and cast their ballots. Some of them even got a ride to the polls. And got a ride for the next four years afterwards, too. Just like you and me. And every time on election day all the little mice used to go to the ballot box and they used to elect a government.
A government made up of big, fat, black cats.
Now if you think it strange that mice should elect a government of cats, look at the history of Canada for the last 90 years and maybe you'll see they weren't any stupider then us.
Now I'm not saying anything against the cats. They conducted their government with dignity. They passed good laws - that is, laws that were good for cats. But the laws that were good for cats weren't very good for mice. One of the laws said that mouse holes had to be big enough so a cat could get his paw in. Another law said that mice could only run at certain speeds - so a cat could get his breakfast without too much effort.
All the laws were good laws. For cats. But, oh, they were hard on mice. And life was getting harder and harder. And when the mice couldn't put up with it any more, they decided that something had to be done. So they went en masse to the polls. They voted the black cats out. They put in white cats.
Now the white cats had put up a terrific campaign. They said, "All Mouseland needs is more vision." They said, "The trouble with Mouseland is the round mouse holes. If you put us in we'll make square mouse holes." And they did. And the square mouse holes were twice as big as the round ones, and now a cat could get both paws in.
And life was tougher then ever.
And when they couldn't take that anymore, they voted the white cats out and black ones in again. Then they went back to white cats. Then to black cats. They even tried half black and half white cats. And they called that a coalition. They even got one government made up of cats with spots on them: They were cats that tried to make a noise like a mouse but ate like a cat.
You see, my friends, the trouble wasn't with the colour of the cat. The trouble was that they were cats. And because they were cats, they naturally looked after cats instead of mice.
Presently there came along one little mouse who had an idea. My friends, watch out for the little fellow with an idea. And he said to the other mice, "Look fellows, why do we keep electing a government made up of cats? Why don't we elect a government made up of mice?" "Oh," they said, "he’s a Bolshevik. Lock him up!"
So they put him in jail.
But I want to remind you: That you can lock up a mouse or a man but you can't lock up an idea.
- Tommy Douglas, 1944

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top