FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

小布施町・高山村視察報告 ③高山村地力増進施設 

 

12226819_1036485636414524_1152167435_n[1]
発酵過程の前に、この施設で家畜糞、生ゴミ、おがくずなどを混ぜる(水分調整が発酵制御の重要なノウハウ)

 高山村は前の仕事でも何度か訪れましたが、改めて議会として伺い、地力増進施設の見学をさせていただきました。役場では村長・議長が揃って対応をいただきました。高山村は、最近は「日本で最も美しい村」連合に2010年加盟、さらに、志賀高原ユネスコ・エコパークにも全村が登録されました。主力産業は農業で、果樹栽培も盛んです。ワインブドウの生産も近年増加し、製造したワインは高い評価を得ているとのこと。何よりも、アンチ・エイジングの里として健康寿命を延ばすために、食・環境・運動・生きがいなどの目標を統合する施策を推進しています。また、10月には砂防ダムを利用した小水力発電所を稼働させたばかりで、太陽光発電パネルと合わせると、電力も地産地消を進めています。伺っていると、移住してみたくなるような魅力と自信にあふれたお話でした。
さて、地力増進施設の建設の発端は、家畜糞をどう処理するかでした。他先進地で、においのしない酪農を視察し、それをぜひ高山村でもやろうということになり、職員の努力と有効な菌の導入で昭和57年に実現したとのことです。現在の施設は、さらに改善を加え、平成10年に稼働したものです。

DSC07919.jpg
発酵ラインの入口―家畜糞と生ゴミのにおいもします。

DSC07921.jpg
発酵ラインの出口―発酵が終わると、臭いが無く、さらさらに。

 約100mの温室のような発酵ラインの入口に、家畜糞・生ゴミ・きのこの菌床くずをあらかじめまぜたものを置きます。それを機械が押していき、約90日でもう一方の出口へ。入口ではべとべとで臭いものが、発酵の過程を経て、出口ではさらさらの無臭の堆肥に。
 東日本大震災の後、セシウムが検出されたこともあり、品質の安定には苦労されているようです。年間材料としては約2000トンを処理、町内での供給と需要はバランスが取れているようです。この施設そのものは二宮町で設置することはできないにしても、資源の活用もしくは町としての生ゴミの排出を減らしていく考え方・方策の一つとしては有効だと思われました。

***

 普段は通り過ぎる自治体も、議会・行政の方からお話を伺うことで違って見えてきました。 二日間の視察でしたが、先進的な事例に触れることで刺激になった一方で、財政や人の問題は共通の課題であり、悩みであることも実感。 これを機に町の課題についてもさらに掘り下げていきたいと感じています。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

小布施町・高山村視察報告 ②世界で行って見たい図書館15のうちのひとつへ 

 

まちとしょテラソは、トリップアドバイザー主催の「死ぬまでに世界で行って見たい図書館15」の一つに選ばれた図書館です。小布施という町にあることもあるのか、まちづくりの中心として位置付けられているところにその秘密があるのか? 
前述のとおり、小布施は文化的にも進んだ地域であったため、大正12年9月に図書館建設の決議をして3か月の間に、寄付・蔵書が一気に集まり、12月1日に長野県下で9番目に開設された図書館を前身とする歴史がある。平成19年に「図書館のあり方検討会」から提出された報告書を尊重し、「学びの場」「子育ての場」「交流の場」「情報発信の場」を4つの柱として、「交流と想像を楽しむ、文化の拠点」を運営の理念とすることとして、建設に踏み出したと記されています。

DSC07904.jpg
開放的な閲覧スペース

外観もとても斬新なデザイン。一歩入ると、平屋ながら、天井が高く、開放感を感じます。
今回は、館長のお話を直接伺うことができましたが、ご自身が出版業界にいらしたということもあり、エネルギッシュに、活動を紹介された。
1.本と人をつなぐ場として、①テラソ100選、②ほんの福袋、③スタッフおすすめコーナー、④追悼コーナー、
2.本を介して人と人をつなぐ場として、①図書館まつり、②まちじゅう図書館(あちこちに図書コーナーを充実させる)
3.創作活動・表現活動を応援する場として、①創作童話「花の童話対象」の公募、②ワークショップ「本と話そう よむ・かく・つくる」、③絵画などの展示
4.子育ての場として、①お話会、②小中学生対象ワークショップ「テラソで部活」
など。

DSC07911.jpg
DSC07914.jpg
子どもが転がりながら本を読めるコーナー(上)、授乳コーナーも設置(下)

開館日数は、年間304日(平成26年)、休館日は火曜日で、振替休日を設けないでやっているとのこと。これについては館長も、職員の負担のこともあり流石に年末年始の休館も検討したが、図書館協議会が開館の方針を動かさなかったとのこと。正月三が日は近隣からも受験生が多く来るが、四日になると激減するのは、四日からは他も開館するからとの分析。
館長は公募で5年の任期付き嘱託職員。スタッフは現在7名(非正規職員。ただし、2名は司書資格を持っている。)。年間の予算は3500万円とのこと。館長として予算や人員配置に対しての評価はされませんでしたが、運用は楽では無いと思われました。あくまでも本を中心にした地域・文化・人づくりにこだわっておられる姿勢を語られました。ちなみに、各行事について、読み聞かせはボランティアの運営ですが、他については、職員が行っているとのことでした。
文化予算が厳しい事はどこも同じだなーと感じつつ、わが町のラディアンについてはまだまだ可能性があること、館長を設け、文化総合施設としての整備の構想をすすめることも検討課題か と思った次第です。

DSC07910.jpg
おすすめコーナー 「貸し出し中になっているのを見るのはうれしい」と館長。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

小布施町・高山村視察報告 ①小布施町に”まちづくり”を見る 

 

DSC07894.jpg

11月16日・17日、町議会総務建設経済常任委員会の視察に同行しました。視察先は長野県小布施町、高山村。視察テーマは、まちづくり、図書館、そして堆肥化施設です。
小布施町は長野県北部に位置する人口1万1千人、長野県で一番小さな町です。町の散策のために多くの人が訪ねます。千曲川へ松川が注ぐ交易の要衝で、江戸時代には豪商が発達、葛飾北斎が創作活動をするなど文化面でも発展した町です。定住促進を一つの課題として掲げていることは二宮町と一緒です。

DSC07882.jpgDSC07891.jpg

視察はお昼ご飯から始まりました。店には、“信州食育発信 3つの星レストラン”の掲示が… 3つの星とは、”健康”、”食文化”、”環境”の3つの取り組み。この3つを満たすお店として長野県で最初に認定されたとのこと。小布施産の栗をつかったおこわ、長野県産のひたし豆を使った豆腐、ほうれん草のゴマあえ、ふろふき大根などに加えて、近隣産のきのこの入ったきのこ汁。長野県の食・農に対する誇りや、食育に対する意欲を感じました。

DSC07887.jpg

次に、有名な町の中心である修景地区へ。20年かけて整備し、今も整備が続いている景観づくり。敷地の貸借も含め、町の施設や景観を大切にして、建て替えや移築・移動も行われてきました。オープンガーデンも町に根付いた様子。新しい茅葺屋根のお店は、小布施にひかれて来た方でした。ゲストハウス(B&Bタイプのホテル)の従業員も快活にいろいろな話をしてくれました。

DSC07886.jpg

議会、町代表の方からの説明は、まちとしょテラソ(図書館)で行われました。まちづくり委員会で出された提案については町として受け止め、実現を図ってきたこと。慶応大学や東京理科大学との提携では、町の支援に対して、調査の結果や提言をもらっているとのこと。町民の三分の一が集まる運動会のこと、議会説明会を28自治会全部を対象に出前で行っていること、議会には政策立案常任委員会が置かれていることなど、独自の取り組み、仕組みについて説明がありました。
 小布施について興味がある人たち、小布施出身者を第二町民として位置付け、地方創生の予算も活用しつつ、新宿と小布施の間にバスを走らせ、運動会には第二町民チームで参加するというイベントも。(地方創生予算について、我が町で、独自性が追求できなかったことについては議会の問題でもあると感じます。)
 しかしながら、小布施町の当初予算で歳入44億3千万円のうち、町税は約10億円(23.7%)、地方交付税は16億円(36.1%)と、来訪者が増え、賑わいが見られても、財政構造は大きく変わらない様子。また、まちづくり委員会も、新しい意見を取り入れることと継続性のバランスをとることが難しいとのコメントも出されました。ハードとしてのまちづくりについては、町民(特に関係者)でビジョンを共有することと、ビジョン達成に向けて一貫性を保つことの必要性を強く感じました。一方、地域の未来づくり会議、小布施若者会議などのイベント、観光地としての地位の確立・集客数の増加が町民の暮らしが良くなること・要求実現とどう結びついてきたかについては、疑問が残りました。私は、イベントを否定するものではありませんが、わが町には、イベントに頼らないまちづくりこそが重要という気持ちを強くしました。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

神奈川県の国政予算要求交渉に参加 

 

12219387_624369101034584_8670674278662499605_n[1]

教育予算切り下げ許さない
 分割開発を止める有効な手段を

 11月12日朝から夕方まで、衆議院第一会館で共産党神奈川県委員会の国政予算要求交渉が行なわれました。はたの君枝衆議院議員、あさか由香氏、椎葉かずゆき氏、私を含む各市町村議会議員が参加しました。
 あらかじめ提示した要求項目について、各省庁ごとに回答があり、それについて話し合うという形で交渉は進められました。
 神奈川県は、沖縄の次に基地が多いうえに、沖縄の基地に対して司令部があります。さらに、大企業の研究所・工場なども多く立地しています。そういう中で政治のしわ寄せが来る県です。 主な要求項目は、箱根町の火山活動による暮らしへの影響に対する支援措置、国保税の引き下げ・低所得者への減免制度の拡充、介護報酬の削減の停止、小児医療費助成を国として実施、学童保育・保育所の待機児童解消、非正規雇用の正規化、ブラック企業・バイトへの指導強化、オスプレイの厚木基地の訓練拠点化をさせない、相模補給敞の火災事故の原因究明、TPPの撤廃、JAの自主性尊重、農業後継者への税制面での猶予措置の継続など多岐にわたっています。
 文部科学省との交渉では、35名学級の実現と教員の計画的配置を進めるために教育予算の確保を求めました。 文部科学省としては、様々な問題が、少人数学級の実現で、子どもに目が届くようになることで解決に向かうという認識も共有。財務省との交渉に頑張って欲しいと、出席者からの激励の声も出ました。
 二宮でのミニ開発を含めた分割開発については現状では有効な法的措置がない点を訴え、国交省は「公園の設置義務を免れるために開発を分割して行っている事例がある」と答弁。
 派遣労働については、厚労省は多様な働き方を求める要求に応えるという立場に固執しました。
 二宮町独自の要求として、①震度計の適正な設置場所への移転、②葛川のしゅんせつもしくは改修の2点について、日本共産党神奈川県委員会からの要望書には明記しました。
 今後、各省庁で要望について検討、回答がされます。
 *  *  *  *
 衆議院第一会館は、首相官邸のとなり、国会議事堂駅から降りてすぐのところにあります。会館の一階ではセキュリティーが厳しく、入館カードなしには入れない仕組みになっていました。会議室は地下にありましたが、ホテルのようにきれい。これも、私たちの税金… 
 *  *  *  *
 食堂は、カフェテリアのように、自分で運ぶのかと思っていましたら、食券を入口で買って、席で待つようになっていました。日替わりの定食は700円台でした。

 
 

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

高校生の政治活動について‐自らの経験から思う 

 

今、高校生の政治活動について報道が増えました。 18歳までの投票権の拡大を決めたとはいえ、自民党は基本的には高校生の政治活動を認めたくないような報道を目にします。 高校生の政治的な素養をいかに培うかということは、身近に政治のことが感じられるということが大切だと思います。 私は、自分の経験から、自主性が最も高校生を延ばすものだと思い、自分の経験を披露したいと思います。
 思えば、私の高校時代は“民主主義の学校”みたいな雰囲気がありました。私は入学時には、中学校からの友人の影響もあって、山岳部に入りました。ところが、私を入部させた山岳部の先輩が二足の草鞋を履いていまして、新聞部の部長も兼任しており、新入生歓迎行事が終わるや否や「後継者がいないので新聞部が潰れてしまう。ぜひ新聞部をやってくれないか。僕も両方やっているから大丈夫。」と私に声がかかりました。困ったなーと、頼まれればイヤとは言えず受けることに… ところが、ゼロからのスタートが二束の草鞋でできるわけがない。結局、山岳部を退部し、新聞部部員を自ら募り始めることになりました。中学校からの仲間で何とかスタートし、第一号を出した直後には、今度は生徒自治会の役員がいないということで、中学校の先輩から猛烈な勧誘。新聞部と生徒自治会役員なら両立もできるかということで引き受けることになりました。
 その時は総務委員長かなんかを引き受けたと思いますが、今度は新聞部会で「新聞部は言論の府である。生徒自治会は内閣のようなものである。内閣の構成員が言論の府にいてもらっては困る。うちの新聞は御用新聞では無い。」と自分が集めて来たメンバーから退部を促された次第。悔しいけども筋が通っているということで、泣く泣く退部する羽目に。生徒自治会室と新聞部室は隣り合わせでしたけど、安倍内閣とNHKよりは厳しい関係だったように思います。バトミントンぐらいは一緒にやってましたが…
 教室でも、旺文社の模擬試験のことや年頃の話題はもちろんありましたが、朝日新聞販売店の息子が「こんどの衆議院選挙で自民が負ける」とかそんな話をしていれば、防衛大学校志望の奴もいてミニタリー・バランスという本を持ってきて「抑止力が平和を守るんだ」と皆に講釈をしている、そんな様子でした。
学校も高校教育の目的は受験だけでは無かろうと、3年生になると大学受験のための必須の授業(数学Ⅲ、化学Ⅱ、日本史の足りない分(規定時間数では日本史は終わらなかった)など)、大学受験の補強の授業(数学ⅡBの補強、英語の補強など)、各教科を深める授業(地学実習‐フィールドワークや実習中心など)に分けて授業を提供していました。 私が受けていたで思い出深いのは、現代国語と政治経済の選択授業でした。現代国語の選択授業のテーマは、近代文学に親しむということ。先生からの指示は、一週ごとに、自分の選んだ作者の作品を読みこなして、最後に論文を書くことと、授業実行委員会で選んだ作者について読書会を開催する事。実行委員会は2週間に一度昼休みに集まって、自分の進める作者と作品を出し合って授業で取り上げる短編を選びました。また、政治経済のテーマは“憲法を学ぶ”と決まっていましたが、テキストや進め方も生徒で話し合って決めました。結局、岩波新書の「憲法読本」をテキストにして、回り持ちでレポートをする。それでみんなで話し合うような授業でした。不真面目な奴もいれば、発表が下手な奴もいる、そこは大人と同じ。意見をいうこともあれば、相手を許すこともある。中身以上に、どうやって会をすすめるか、話し合いをするかなど、今わざわざディベートを授業に取り入れるとか言っていますが、そんなことをやっていたと思います。とにかく、生徒でできることは生徒でやれというのが、授業でも、部活でも徹底していました。
 一方、うちの高校は、受験一辺倒でなかった分だけ国公立・有名私学への合格者が周りより少なかったようで、兵庫方式(高校入試にあたって、小学区制、内申書重視、テストは思考力中心とした制度)の良し悪しを巡って生徒同士でも論議がありました。その論議の中で、高校三原則(普通科・小学区制・男女共学)の存在を知り、なぜこれが実現できないかということにあたります。また、「期待される人間像」という中教審の答申にも行き当たり、国家が子ども・生徒を型にはめようとしていることに恐ろしさを覚えることになるわけです。私は、「期待される」人間にはなりたくないと… すぐにでも、選挙に行きたかったですね。
 私たちが卒業して間もなく、受験体制をもっと強化してくれという保護者からの要望に抗することができず、教科を深めるとか生徒で運営する授業はもう無くなったそうです。淋しい思いはあります。強く感じるのは、なぜ、高校生の政治活動まで目くじらを立てる必要があるのか。暴力や人権侵害は認められないけども、他は自主性を重んじれば良い。高校生始め青年にきちんとした見識を持たせたければ、まず大人が襟を正すことだと思います。政党助成金が政治を腐らせている、政権がマスコミに圧力をかけることも論外、安倍内閣閣僚の態度などなど。
 「洪水よ、我が亡きあとに来たれ」では無く、未来は子ども・若者に残されなくてはいけない。 その未来を担うのは若者たち。かれらの自主性と成長に期待したいし、その成長を保障していきたい。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

家族×幸せ=にのみやStyleって何? 

 

遅くなりましたが、第3回総合戦略検討委員会で総合戦略骨子(案)が示されたことを報告します。
 10月19日、第3回総合戦略検討委員会が開催され、総合戦略骨子(案)が町から示されました。
 基本目標については、基本的に前回の委員会でだされたものを踏襲しています。①安心な暮らしを守り住み続けられる地域を作る、②二宮の強みを活かした新しいくらしを提案し、発信する、③若い世代の結婚・出産・子育ての希望を叶え、子育てを楽しめる環境をつくる、④二宮町で安心して働き仕事をうみだしやすい環境をつくる の4つです。
 骨子(案)には、基本目標に沿って、地域コミュニティの醸成支援、公共施設の総合的なマネジメントとコンパクトさを生かした暮らしやすいまちづくり 等のまとめ方で具体的な施策が並べられています。 ところが、私自身は、どれについても”頭ではなるほど”と思いつつも、”心では納得していない”状況。 その原因はと考えてみました。

1.施策の一つ「家族x幸せ=にのみやstyle(スタイル)」の提案と発信については、委員から陳腐だとの批判も出されました。 私も、家族x幸せ=二宮スタイルの意味が分からないし、何か価値観の押し付けのようで、受け入れがたいと感じました。 
 私が会社員時代に感じていた二宮スタイル―1)朝は座って通勤できるし、駅まで歩けるので、平塚や大磯より便利、座って新聞や本を読んで自分の時間を作れる、2)週末は居ながらにして自然環境、伊豆・箱根・丹沢にも近いのでアドバンテージ、3)コミュニティーの大きさが適度で、家族・自分の居場所がある、4)近所の子どももみんな知り合いの安心感。 あくまでも自分のものですが、どうも”家族x…”のコピーとは結びつかない…

2.施策の中では高齢化と空家問題対策、長時間労働改善、農業の人材不足解消なども挙げられていますが、生活者が直面する問題には切り込んでいません。
①子育てにほんとうに必要なものは、安定した生活の基盤=正規雇用の拡大・適正な労働時間・出産後の復職などではないか。「ワーク・ライフ・バランス」の啓発だけで実効性があるのか。
②起業支援によって新たな雇用を生むことは大切であるが、現在の地元の企業・商店の振興策は?
③地域包括支援センター、「チーム学校」、子育て世代包括支援センター等地域に依拠する施策の実現を支えきる地域の人材は十分なのか?
④目標は四つ並列ではなく、順位付けが必要ではないか。神奈川で一番子ども子育てをしやすい町を目指すならば、そこに他の施策を収束させる。まちづくりもそこへ焦点を当ててる必要がないか?

 今後、委員の意見を求めて素案作りと審議に進みます。 国からの総合戦略を立てるという課題に取り組まなければ、対応する施策に対する予算は出ないとのこと。逆に、早く出せば加算額があるという、国のアメとムチ的なやり方にも納得いかない部分はあります。 戦略は長い間行政の施策に影響を大きな及ぼすもの。町民要望を反映するものになるか引き続きの注視が必要です。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top