FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

二宮町で無戸籍者の現状を考える 

 

 7月22日午後、「湘南で無戸籍の支援をする会」の方々が、二宮町議会を訪問。

 訪問された皆さんは、集まった二宮町議会議員に無戸籍の状況を訴え、支援を要請しました。
 様々な理由により戸籍が無い人が無権利状態に置かれていることを無戸籍問題としています。免許証は取れません。子どもが学校に行けないこともあります。民法772条の嫡出推定制度が戸籍取得の障壁になっているケースや、出産費用が払えず出生証明を取得できなかったケースなどが主なケースとの説明。
 民法772条に基づくと、元夫との離婚300日以内に子供を出産した場合は元夫との子と推察されるため、元夫を父とする出生の届け出しか受理されません。そのため、元夫が激しい暴力やストーカー行為をする(又は想定される恐れがある)場合に、居場所を知られる心配から母が届け出ができない(しない)状況があります。また、一旦届け出が滞ったことで、母親が出生届をしていない・子どもを義務教育に就かせていないという罪の意識でますます何もできなくなるということもあるようです。
 無戸籍で33年間、最近戸籍を取得できた方もご自身について辛い経験を話されました。初めておかしな状況に気づいたのは、子どものとき、歯医者に行って、保険証の提示を求められたときだったとのこと。母親は、元夫の直接の暴力だけでなく周囲への暴力を心配して、とても出生届を出せない状況であったと説明しました。戸籍取得にあたっても、強制認知を求める裁判、行政との折衝など大変な取り組みを積み重ねてのことでした。
 2015年1月の法務省の調査では、全国で533人(うち成人が84人)の無戸籍者が確認されています。この時の報告自治体は16%に過ぎなかったため、実際にはもっと多くの無戸籍者の存在が推定されます。二宮町では確認はされていません。能動的に無戸籍者を探し出すことは難しいため、啓発活動を進めるほかないというのが実際のようです。

 無戸籍者に対しても住民票の発行や未就学児童を就学させることは可能です。
 
 この7月には県の教育委員会に対して文部科学省から、戸籍や住民基本台帳に載っていない児童に就学機会を保障するよう取り組みを進める通達が出されています。また、22日の会合では、現場窓口の職員も無戸籍問題の理解を深めることが必要と指摘されました。
 国レベルでは超党派で「無戸籍問題を考える議員連盟」も結成されたとのこと。法律的には民法第772条の改正を検討していくことになります。はたの君枝議員も加入しているようです。二宮でも現状の確認と、実際に無戸籍者がいた場合の対応を進めるよう働きかけていきたいと思います。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

二宮町で”アベ政治許さないの街頭行動” 

 

DSC07611.jpg
7月18日午後1時、生涯学習センターラディアン前交差点で、「アベ政治許さない」のスタンディングを行いました。これは、澤地久枝さんらが呼びかけ、全国で同時刻に俳人の金子兜太が書いた「アベ政治を許さない」のポスターを掲げることに歩調を合わせて、二宮町でもやってみようと、小笠原議員、露木議員、一石議員と急遽呼びかけて実施したものです。小雨の降る中でしたが、皆で元気に通行する方と車へ向けて、アピールをしました。参加者のお母さんの中には手作りのポスターを持ってきた方も。反応はおおむね良好で、「頑張ってね」と声をかける通りがかりの方も、車から手を振る方もいらっしゃいました。
 この時間、平塚駅前では約300名、厚木駅前では70名、大磯駅前では60名が集まって同じように抗議行動を行ったとのことです。
 私のほうには、「知っていればぜひ参加したかった。こんな重要な状況で何もしない訳に行かない。」という声も届けられました。お知らせの方法がFBなどに限られていたこともありますが、多くの方の気持ちをくみ取ることができず申し訳ありませんでした。これから、どのように継続していくか相談をしていきたいと思います。
 *   *   *    *
 昨日、電話をいただきました。「安倍内閣が強行採決するのを見てビックリしている。自分は出征のためのバンザイを3回行った。兄は応召し、戦死通知の電報が来ると、家庭の様子は一変してしまった。。兄嫁は、秦野にある実家へ帰ることになり、二宮駅が射撃を受けたその日、昼間リヤカーを押していたら米軍の艦載機の射撃にあい、夜まで藪の中にリヤカーを隠してやり過ごした。戦争に良い戦争も悪い戦争もない。やったら終わりだ。残されたものにとっても大変なことになる。そんな戦争につながる動きは止めていかなくてはいけない。兄は勉強が良くできるひとであったが、母は金鵄勲章などいらないから生きて帰ってほしいと言っていた。これが母親の気持ちだと思う保育園の保母さんが、この子たちを戦争に巻き込むわけにはいかないと話しているのを聞いて、頑張って欲しいと思い電話を掛けた。」 ほんとうにこのように感じられている方が多いと実感します。
 *   *   *    *
 なぜ、8割の人が今国会での成立について疑問を持っているのに、強行採決をするのか。それだけの切迫している事態があるのか私には理解できません。むしろ、時間をかけて論議するほど、違憲性もよりはっきりするし、経済政策もお金持ち優遇、円安のおかげで庶民は苦しい状況がより進む中で、安倍退陣の世論が進む前に強行してしまえという狙いというほうが納得できます。安保改定をして良かった、当時違憲という意見もある中で自衛隊を発足させて良かった、政治家が結論を出すのだというのも、立憲主義をないがしろにする論議。ともかく、この法案を通さないよう頑張ってまいります。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

渡辺くにたか 議会報告会 のご報告 

 

7月11日午前10時より、ラディアンで、議会報告会を開催しました。
急遽設定をしたことで、前回よりも少ない参加者でしたが、活発に意見交換を行いました。

一般質問について
 6月議会では、防災について、それから、マイナンバー制度について の2点で質問。

自治体として責任は全うしてほしい 
①防災については、特に発表震度と実際の体感震度とのずれについて質問が多数でました。 消防署付近のボーリングデータでは25m近く掘らないと地盤に届かないのに、なぜ、設置場所に選ばれたのか? 二宮町では軟弱地盤が他にも分布しており、それらにも対応が必要。 等のコメントが出されました。 さらに、震度そのものは起こってから評価であって、肝心なのは、巨大地震が起こる可能性を観測、警戒を促す体制づくりではないかとの指摘がありました。
 7月3日の二宮小学校西側の町有地崩落についても NHKでの報道があり心配の電話が親戚からあったという話があり、似たような場所がたくさんあるので、キチンと把握をしてほしいとの要望が出されました。 まちづくり条例が「開発要綱」をベースに今カバーしていない墓地建設などをくわえる事、罰則規定をくわえる事などで、理念までは追及しない様子を伝えると、3月の総括質疑からやや後退していないかとの意見も出されました。
 災害対応の備品については、水だけでなく、燃料・明かりの確保も重要との要望が出されました。
 防災について、町が自治体として、「自助・共助という言葉の陰で、自己責任を強要する」のではなく、町民が安心、災害時にもいのちと暮らしを守る立場を強調します。今後、発生予知と連絡の体制強化、すぐに動けるような体制とマニュアル作り、県の急傾斜地に関する調査のまとめと対応策のチェック、をすすめていくこととなりました。 

マイナンバーは”小さく生んで大きく育てる”危険性が
②マイナンバーについては、問題点が広く、町の提案に対して、どのポイントを明確にするのか? との質問が出ました。
町は、小児医療費とひとり親家庭の小児医療費に、独自でマイナンバーを活用しようとしています。このことについては、行政の利便性だけでマイナンバーを活用しようとしていないか。また、個人情報流出の危険性は全く顧慮されていない。窓口で、小児医療費助成を使うにあたってマイナンバーの提示を求めることになると、個人番号カードが事実上の身分証明となってしまう可能性も大。 などの意見が…
さらに、イギリスでは廃止との指摘もありました。(理由は、人権を守るため)
町で独自使用を広げ無いように引き続き取り組んでいきます。

地域公共交通のあり方は?
その他の意見交換で、いろいろな声が出ました。
・地域公共交通の審議会に障がい者の代表が入っていないと聞いた。地域公共交通については交通弱者の保護という観点が必要だと思う。 また、デマンドタクシーを大磯町の病院などへ向けてほしい。
→真鶴、秦野、大和 など県内ですでに地域公共交通を導入しているところがあります。 厚木市や大磯町でも検討が進んでいます。 各自治体の状況を取りまとめ、政策化を進めます。
・毎年、道路整備等を町内要望で町に出すが、予算が無いということで毎年先送り。 これでは生活道路など全く良くならない。
→昨年、日本共産党二宮支部でまとめた住民要求について町からの回答を得ています。精査して、各地区長にも情報のシェアをしていきたいと思います。
・開発許可について、隣接地での開発の継続性について、納得ができない。近隣との関係を研究してほしい。
→この開発の連続性の評価は開発制限の重要な部分になると思います。指摘の通り、近隣でのことも調べて、町の計画を正します。

これから9月議会へ向けて、準備を進めてまいります。
引き続きよろしくお願いいたします。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

二宮町 吾妻山 一部斜面が崩落 身近に危険が潜む? 

 

DSC07584.jpg
崩落の現場:すでに応急措置が施されている。

 七月三日の午後1時20分ごろ、二宮小学校西側の町有地で、のり面の幅10m、奥行き3mに渡って地滑りがおこり、擁壁下の町道幅6mのうち、半分に崩落しました。7月に入って断続的に降り続いてた雨が同日午前から強くなっていました。
 幸い、子どもも学校にいる時間で、けが人は出ませんでした。
 崩落発生後、二宮町建設協力会によって、復旧および再発防止のため、道路上の土砂の撤去及び大型土のうの設置が行われました。また、引き続いて擁壁の上部にH鋼と石板による防護柵を設置してあります。
 この土地は、小学校駐車場入り口拡幅に関連して平成12年に寄付を受けたもので、平成21年に近隣が開発され擁壁が設けられたものです。急傾斜地崩壊危険地域にも開発指導対象にもあたっていません。
 修復には3千万円を予算化
 七月九日の議会全員協議会では、今後、恒久的な安全対策として、さらに崩落の想定される部分にのり面の保護工事を施工する方針が説明されました。 工事としては、吹付法枠工法および落石防護柵の設置を計画しています。
 専決処分として、災害対策基金から3千万円を繰り入れる補正予算が組まれたことが報告されました。(専決処分については9月議会で審議)
 県は昨年から急傾斜地の調査を行っていますが、その結果に基づいた対策についてはまだまとまっていないとのこと。類似の危険が想定できる状況は町内の他の場所にもあります。地盤の種類によって、危険性の評価は変わりますが、身近に崩落事故が起きたことは重大です。 今後、県の調査結果が傾斜地の安全対策に早く生かされることが求められます。
 なお、全員協議会の質問に応え、県の基準に基づいてのり面の処理がなされたにもかかわらず崩落が起きたことについて。町は「5年以上たっているので建設工事の瑕疵(かし)を問うのは難しい」との見方を示しています。 ということは、基準そのものについても見直しが必要、もしくは、基準の前提にも問題を感じます。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

急遽中止になりました = 日本共産党創立93周年記念講演会を二宮でリアルタイムで見る 

 

7月15日に計画していました党創立93周年記念講演会は、戦争法案の強行採決の可能性が強まっており、18日に延期になりました。
二宮町でのリアルタイム視聴会は中止とさせていただきます。 急な変更でご迷惑をおかけします。
18日の録画DVDは作成されますので、後ほど、お知らせをします。


* * * * *

 日本共産党は党創立記念日当日となる7月15日、創立93周年記念講演会を午後6時半から東京・中野ZEROホール(中野区)で開きます。志位和夫委員長が記念講演を行います。
 中野まではちょっと行けないということで、インターネットを介して、リアルタイムで視聴する企画を立てました。

 昨年の92周年の講演では、志位委員長は、安倍政権が危険であることを指摘し、安倍内閣打倒をしようと呼びかけました。その後、安倍政権は「海外で戦争する国」づくりへの暴走を強め、日本は今、戦争か平和かの歴史的岐路に立っている状況です。日本共産党は戦前から反戦平和を貫いてきた党です。戦争法案阻止の先頭に立ってたたかっています。
 「日本共産党の話を聞いてみたい」「戦争法案阻止の展望をどう切り開くのか考えたい」というみなさんのご参加を心よりお待ちしています。

 場所 ラディアンマルチルーム
 日時 7月15日(水) 午後6時半開会(開場6時

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

7月11日(土) 渡辺くにたか 議会報告会 開きます 

 

急なお知らせになりますが、議会報告会の案内です。
7月11日(土)午前10時から12時まで。
場所はラディアンミーティングルーム1。

6月議会の報告をしますが、①震度5強発表に関連して、町の防災対策について、②マイナンバー制度について の2点を中心に意見を交換できればと思います。
また、9月議会が決算議会にあたることから、決算にあたって気になることも伺えればと思います。

皆様には、お忙しいこととは思いますが、ぜひお越しください。



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top