FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

3月議会始まる―常任委員会審議(その1) 

 

教育福祉・総務建設経済 両常任委員会付託議案はすべて可決!
 
3月25日、3月議会が始まりました。 26日には教育福祉・総務建設経済の2つの常任委員会が開催され、すべての議案が可決されました。小児医療費助成の中学生までの拡充は大いに評価されますが、介護保険料の改定強調文、敬老祝金の縮小、在宅介護奨励金の廃止などお年寄りや在宅介護世帯に厳しい内容となっています。また、介護保健の仕組みが変わることに伴う整備・基準設定は国の基準に基いて進められます。介護人材の確保を含めて、介護保険事業を支える体制づくりは町にとっても緊急かつ重要な課題ですが、その原資を福祉的な事業に求める形になっています。私が反対した3議案以外は全員一致で可決されました。

介護保険料は来年度値上げへ 
介護保険料は、来年度9.6%の値上げ提案は可決されました。現在の標準額(第四段階)月額4060円が、第五段階が標
準となり、4450円(390円の値上げ)となる内容です。年額の換算では4680円の値上げとなる内容。渡辺議員は、介護給付準備基金を取り崩しての値上げ率を抑えることは評価できるが、①年金受給額が下がる・他の支出が増える中で高齢者世帯には痛手になる、②もともと国が計画していた減額率が実現できなかったままになっている、③国は”望ましくない”としつつも一般財源からの繰り入れている自治体もあるとして、反対しました。

77歳の敬老祝い金は段階的に廃止 ”長寿の里”が泣いちゃうかもしれない
 敬老祝い金について、今年度は77歳の喜寿のお祝い金が半額の五千円に、来年度からは77歳のお祝い金は撤廃される案が可決。2016年度で77歳の対象者は377名の見込み。五千円の支給で188万円。町は平均寿命が伸びる中で、介護予防事業に参加してもらえるような枠組み作りに予算を向けていきたいと説明。 二段階で削減するのは、9月1日が基準日となることから、時間をとって周知徹底を図りたいためとの考えが示されました。
 私は、「敬老のつどいが無くなったことで寂しがっている老人も多い。喜寿の祝い金を残しているのは、大井町と湯河原町というなかで、がんばって残して欲しい、喜寿の祝は大切な一つの節目で、せめて気持ちを表わす仕組みは残すべきだ。」ということで、条例案には反対しました。傍聴議員からも、楽しみにしているお年寄りも多く、ささやかな楽しみを残してはとの意見が出されました。

在宅介護奨励金は来年度から廃止へ(えっ!もうやめるの?)
 現在、要支援4・5の方を在宅介護している世帯に支給されている在宅介護奨励金を来年度から廃止する案も可決。町は、これを地域包括システム運営への職員の配置と介護人材の育成・就労支援に回したいと説明、また、要支援3以下でも認知症などで重い負担を強いられている世帯もあることで生じた受給・非受給世帯間の不公平感を解消したいとの狙いも。
 傍聴議員から「お金がかかるので施設に入れられないケースもあり、5万円の削減は厳しい。経済的に厳しい世帯を支援するのに2百万円を削らなくてはならないのか。今日出席の議員のうち6名は平成22年に賛成した。」との指摘。私は、「急に5万円の減額がされるのは納得いかないだろう。激変緩和措置も必要ではないか。不公平感の是正は拡充の方向で行うべき。町独自の事業であれば、実施から日も浅くなおさら大切にすべき。」と条例の廃止には反対しました。

安全・安心の西友前交差点を ~中里地区から強い要望~
 「道路横断に安全な施設の整備を求める意見書の提出を求める陳情」が中里地区から出されました。地区からは、安全に渡れる施設を作ってほしいと強調され、県に対する意見書を求めました。
 現在、県道の西友前の交差点は、歩道橋があるが横断歩道は無く、高齢者も含めてどちらも無いところから県道を渡る人が多いとのこと。地区の催しでも県道を渡ることが多く、陳情者からは、事故が起こる前の安全対策を求められました。
 意見交換の中では、全国的に歩道橋は基本的には取り壊す流れがあること、財政や施設設置に要する面積という点からエスカレーターなどの設置は難しいのではとの意見が出され、いろいろな方向で検討を求めることが妥当となり、陳情は全員一致で採択。
 他に、「ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充を日本政府に求める意見書の提出を求める陳情」が全員一致で採択されました。
(常任委員会について、”その2”へ続きます。)

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

高木敏子さんが二宮に 

 

DSC07307.jpg DSC07309.jpg

 今日、午後「ガラスのうさぎ」の著者高木敏子さんが、TBSの番組の取材で、二宮に見えました。 前回は、ガラスのうさぎ像平和と友情の集いに4・5年前に見えてから久しぶりの訪問です。 その話が伝わって、同級生のグループや、平和の運動を一緒にしてきた方など一時は30名ほどの人が集まって、取り囲んで、挨拶を交わしていました。 他に吾妻山に登りに来たグループの方もたくさん通りがかりに挨拶をされていきました。 番組は、3月10日の東京大空襲に関連した特集ということで、同行していたディレクターによると3月9日に放映されるとのこと。 両国付近でも取材をされた模様なので、今日はきっと高木敏子さんも焼け跡のことも思い出されたでしょうね。思いのほか元気そうな様子、何よりでした。
 集まった方からは、高木さんが疎開していた家のこと、旧駅舎のことなどお話を伺うこともできて、ミニ平和を語る会のような感じでした。 今年は終戦70年、節目の年にあたって、平和への思いを新たにしました。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

町議会3月定例会 ・ 新教育長制度 条例(案)提示される 

 

町議会3月定例会議事日程
  町長施政方針は3月2日


2月25日(水)9時30分
 本会議:会期の決定、付託案件 など
2月26日(木)9時30分
 常任委員会(陳情及び付託案件)
2月27日(金)から3月1日(日)
 (休会)
3月2日(月)9時30分
 本会議:町長施政方針
     条例審査(委員長報告と表決)
     平成26年度補正予算(議決)
     平成27年度予算案(説明)
3月3日(火)・4日(水)
 (休会) 
3月5日(木)9時30分
 本会議:平成27年度予算総括質疑
     予算審査特別委員会設置
3月6日(金)から8日(日)
 (休会)
3月9日(月)9時30分
 本会議:一般質問
3月10日(火)から17日(火)
 (13日から15日まで休会)
 予算審査特別委員会
(いずれも9時30分開始、ただし、10日は午前中現地視察)
3月18日(水)
 (休会)
3月19日(木)午後1時
 本会議:教育長の任命について
     予算特別委員会委員長報告

*なお、新教育長制度に移行する中で、教育長の任命にあたっては、町議会は、府川教育長に所信表明を求めています。
 
=解説=新「教育長」制度 
 2月13日、議会全員協議会で、町から新教育委員会制度について議員に対する説明がありました。これは、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律」が4月1日に施行されることに関連してです。
 新しい法律のもとでは、①教育長と教育委員長を一本化して、新「教育長」が設置され、②「総合教育会議」が首長と教育委員会で設置、③教育に関する「大綱」を首長が策定、④教育長へのチェック強化 がうたわれています。町は、4月1日より、新教育長を任命し、総合教育会議を発足させたい意向です。教育長は首長が直接任命します。
 新制度のもとでは、首長の権限が強化され、教育長の任免についても首長の意向が強く反映されます。教育に関する政治的中立性の維持と、町長が変わっても安定・持続的な教育行政を保証する仕組みが弱まります。
 日本共産党は、こういった理由から新「教育長」・「総合教育会議」の設置には反対の立場をとっています。二宮町3月議会でも関連の条例が提案されます。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

二宮町2015年予算(案)発表 

 

実現しました!  小児医療費助成拡充 
2015年町予算(案)発表

 18日、町は2015年の予算(案)を発表しました。全体の規模は、一般会計・特別会計総額157億1844万円で前年度に対して、4.3%の増額となります。この額は町民一人当たり27万1700円にあたります。
 子育て支援の一環として、これまで要望が強く、浅賀前議員から引き続き渡辺議員が求めて来た小児医療費助成の中学生までの拡充が実現しました(8500万円)。これにより、多くの育ちざかりの子どもが医療を受ける事ができるようになります。所得制限は引き続き残りますので、これについては引き続き撤廃を求めていく必要があります。また、新しく不育症対策(50万円)も盛り込まれました。
 防災関係では、1市2町消防救急無線デジタル化整備(4100万円)、住宅耐震改修補助(800万円)。釜野および下町の雨水対策が盛り込まれています。
 ごみ処理広域化関係では、剪定枝処理施設が今年秋稼働開始の予定(2億2200万円)、大磯町に設置するリサイクルセンターの整備負担金(8800万円)が盛り込まれています。
 一方、高齢者の生活の分野では、介護保険料の改定幅を抑えたことは評価できるものの、「介護人材の育成などへの予算のシフト」「地域福祉計画の策定と社会福祉協議会との連携の推進」などトーンが低い印象です。次の10年、20年後を見据えた「未来に繋げるまちづくり!」とともに、お年寄りの生活の質を高める施策の早急な具体化が必要です。
 歳入については、町税が個人町民税と固定資産税で合わせて1億5600万円の減収を予測、地方消費税交付金の増額(8000万円)剪定枝資源化事業整備・運営に関する負担金(1億6500万円)・国庫および県支出金の増額も見込んでいます。町債も梅沢人道橋補修事業、(仮称)剪定枝資源化施設整備事業、臨時財政対策債として出され、単年度としては町債は6000万円の増加です。
***
2015年度二宮町予算(案)
       2015年予算 2014年予算 前年比 %
一般会計 7,788,000  7,600,000   188,000 2.5%
特別会計 7,930,441  7,471,968   458,473  6.1%

合計   15,718,441 15,071,968    646,473  4.3%
単位:千円
***
 長引く不況の中で町税の確保にも影響が出ています。抜本的な町税収入の増額には国民の懐を暖めるとともに、地域循環の経済活性化が求められます。
 町議会3月定例会では予算について幅広くまた深い審議が望まれます。 私は、3月5日の予算総括質疑に立つ予定です。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

二宮町 第4回介護保険運営協議会 介護保険料値上げ提案 

 

第四回介護保険運営協議会で 介護保険料9.6%値上げ提案
 2月9日、第四回介護保険運営協議会が開催され、町からは来年度9.6%の値上げが提案されました。現在の標準額(第4段階)月額4060円が、第五段階が標準となり、4450円(390円の値上げ)となる内容です。年額の換算では4680円の値上げとなります。
 「来年度から3年間の総給付費(支出)は3年間で70億5千万円に増加すると見込まれる。給付費の増額は今後の介護給付の増加によるところが大きい。激変を緩和するため、介護給付準備基金を取り崩すことで値上げ幅を抑えた。また、料金設定の基礎になる段階については一段階増やし、収入の少ない世帯にさらに配慮した。」と町側の説明。委員からは、さらに段階を増やすことで公平感を増せないかという意見が出されました。
 また、在宅介護を支える24時間のコールセンター開設の要望が出され、町としては単独での運用が難しいと説明、定期巡回・随時対応型訪問介護、夜間対応型訪問介護については、現在の計画では必要量を見込んでいないが、希望があれば計画について検討するとの考えを示しました。
 介護保険料については、支出に対する国・県・市町村の拠出割合が決まっています。その枠の中で、介護給付準備基金を取り崩しての値上げ率を抑えることは評価できますが、年金受給額がマクロ経済スライドで実質減額される中、介護保険料の値上げは家計に大きな痛手となります。 国民健康保険に比べて財政運営に自由度が低いとされる介護保険制度ですが、負担の軽減を図る手立てを探ります。
 意見募集では、介護老人保健施設の建設について複数の意見表明がされていた模様。町としては建設の必要性についてふれつつ、業者が現段階で決まったものでは無いとコメントしました。 これは、峠公園の民間企業購入地で介護老人保健施設建設の情報が流れていることに関連していると思われます。 介護老人保健施設の設置については、町の資産(東大果樹園跡地、国立小児病院跡地など)の有効活用と合わせて考えることが必要です。 

国の方針は要支援者の保険からの締め出し下線文とサービス切り捨て
 前国会で、国は「医療・介護総合法」を成立させました。それを受けて、国はこの四月(3年間の猶予期間がある)から、要支援者の訪問介護・通所介護を保険給付から外し、市町村が実施する地域支援事業に移すとしています。3年間の猶予があるとはいえ、多くの自治体では準備が整っていない状況があります。
 昨年七月に厚労省から全国介護保険担当課長会議で示された「ガイドライン(案)」では、要支援者の「自立意欲の向上」を図るべきと呼びかけています。このことでは、二宮町の介護関係者からも「掃除や買い物を介護サービスから切り離すことは現場・現実を見ていない空論だ。」との声が。
 さらに、ガイドライン(案)では費用の効率化をうたい、①低廉なサービスの利用普及、②認定に至らない高齢者の増加、③自立の促進という三つのやり方を示しています。その中身は、ボランティアによる「多様なサービス」、「要介護認定を受けさせないチェックの仕組み」、「サービスの終了・卒業の強要」ともいえるものです。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

横浜で学童保育の議員勉強会(1月31日)+議会報告会の写真アップ 

 

DSCF5371.jpg
2月1日の議会報告会の様子です。(写真提供ありがとうございました)

***

 1月31日(土)神奈川県の学童保育を支える議員連盟主催「第3回学童保育に関する勉強会」に参加しました。議員連盟は超党派で結成され、会場である県庁会議場には県内各地からざっと見て100名を超える地方議員が集まりました。二宮町からは前田議員、野地議員、一石議員、大磯町から鈴木議員が参加です。
 議員連盟会長 牧島議員は、神奈川の学童保育は創生期、法的はざま期を経て、広く重要性が認知され、研修や施設を充実させる段階に来たと挨拶。また、神奈川県学童保育連絡協議会会長の小神氏は、「60年の歴史を超えて、子育てと働く環境の両立を目指して活動して来た。条例がすべてではなく、足がかりに過ぎない。「ただいまの声で子供がわかる」という活動の原点を大事にして取り組みを進めたい。」と挨拶の中で述べました。
 講演は厚生労働省雇用均等・児童家庭局育成環境課 課長補佐 竹中氏が「国の対応状況について」、県民局次世代育成部次世代育成課長 石渡氏が「市町村及び県の対応場について」ということで、国の基準、予算配分、研修への支援、各自治体の状況などについてと、今後の予定について報告がされました。政令指定都市では、施設面積について猶予期間が設けられるところもあり、二宮をはじめとする町村部とは違う歴史・問題を抱えています。また、県全体で指導員の3分の1が資格要件を満たしておらず、支援員の認定研修を受ける必要があります。町レベルでも、対象の方は、この研修を受けられるよう、時間的にも、経済的にも保証する必要があり、国の予算の有効な活用をどう具体化するかが喫緊の課題です。また、資格を持った支援者についての資質向上の研修もあります。 現状では学童の指導員について確保、定着、生長についての保証が十分ではないと私は認識していますが、予算措置は2015年度の国予算が決定した後、2015年の補正予算で各自治体が盛り込むことになるとの説明でしたので、諸活動の支援に適切に配分されるよう注視していきます。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

個人議会報告会・懇談会開催しました 

 

 昨日(2月1日)、午前10時から釜野児童館で、個人の議会報告会と懇談会を行いました。釜野児童館という町の中心から離れた場所でしたが、全町からの参加があり、色々な意見を交換する会となりました。
 開会のあと、私のほうから、12月議会でどのような取り組みをしたか(補正予算、一般質問(①国民健康保険税の引き下げを求める、②小児医療費助成を中学卒業まで、③コミバス含む地域公共交通の整備)、陳情について、条例について)、地域要望と実現の進捗状況、それから、これからの活動について報告し、意見交換を行いました。 

 地域要求として、町道24号(ふたみ記念館前から川勾神社の上へ通る道)の整備については色々な角度から意見が出ました。ふたみ記念館から川勾神社へ歩くコースとして、この道を大きなグループが通ることがあり、大変危ないこともある。観光ボランティアが近道として教えているケースもあるとのこと。また、生活道路としては有効な道だということで、整備を進めていきたいと確認。釜野地区には、いわゆる「鎌倉古道」の名残や、古墳の跡が残っています。今後、吾妻山→ふたみ記念館→川勾神社→駅のハイキングルートの整備の中に、これらの資源を利用できればということになりました。
全町で危ないミニ開発・不規則造成が進んでいるということで、急傾斜地の開発規制をまずなんとか進める必要があるとの強い意見が出されました。昨年の広島で崖崩れを起こしたような豪雨が無いと言い切れない、とにかく、事前に近隣と協議をしなくてはならない形を作るべきだということで、3月議会一般質問ではこのことを取り上げることとします。
***
他にもたくさんの意見が出されました。
・町づくり条例については、中身が重要であることはもとより、制定の過程での町民の参加がその後の適用について大きな違いを生む。
・地域要求の実現も大事だが大局的に町政をどうするかにエネルギーを割くべきだ。
・ブログには政策を載せる際、わかりやすくデータも公開してほしい。
・行政の縦割りの弊害を乗り越えるように力を注いでほしい。=学童保育と学校、社協と町行政 など。
・介護制度の変更について猶予期間が3年あるが、町として魅力のある制度作りが必要。社協と行政の役割を明確にすることもカギになる。

 さらに、議会報告会の進め方については、事前にネット上でも知らせてほしかった、全員が発言できる工夫が欲しかったという意見もあり、今後、広報の一層の拡大と合わせて進運営についても改善を進めます。
 次回は3月議会の報告を、ラディアンで開催することとして、閉会しました。
***
 ご参加の皆様には、貴重な日曜日の朝の時間、集まりいただきありがとうございました。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top