FC2ブログ

渡辺 くにたか(訓任) 二宮町 町会議員

二宮町 日本共産党 生活 福祉 教育

12月定例会おわりました(一般質問報告) 

 

12月25日の本会議で12月定例会を終了しました。
初めての議会ということで戸惑うことも多かったのです。例えば、常任委員会では陳情については意見交換があるが、条例審議では意見交換が無い とか、本会議や常任委員会では質疑の場合に最初に手を挙げないと質問できない=他の議員の質疑を聞いてから質問ができない。など… また、一般質問をテレビで見ていると、もっと迫力が欲しいとも感じる次第です。
さて、一般質問での町長・町担当部課長とのやり取りを下記のとおり報告します。

①国民健康保険保険税の引き下げを求める
資格証を発行しないことを軸とした国保税滞納を減少させる取り組みへの転換について、町は「滞納者に対しては文書でのお知らせ、電話・訪問などを通じての話し合いという手続きを踏んでいる。一向に納税していない場合に限って、短期証、次に資格証の発行となるが、納税の意思が確認できれば分納など柔軟な対応を取っている。高校生以下の扶養者がいる世帯、医療上必要な世帯からの返納は求めていない。」という説明で、方針の変更はないとの回答。
もともと、二宮町の保険税が高すぎるのではないかとの指摘には、町は一人当たりの保険税は118692円で神奈川県33市町村中12位であり、ほぼ中位であるとの認識を示しました。
国保会計の財政調整基金の活用もしくは一般会計からの繰り入れで次年度の国保税引き下げができないかを求めました。
渡辺:国保会計繰り越し金・財政調整基金の今年度末の残高見通しは? 
町:国民健康保険会計の次年度への繰越金の見込みは五千万円で来年度の歳入に組み込まれる予定である。さらに、財政調整基金も今年度当初の一億五千万円が今年度末には八千五百万円になる見通し。
渡辺:ここ数年、年度末の財政調整基金残高は一億円から一億五千万円あるが、今年それが急に減る見通しはなぜか? 
町:2009年度から国保税を据え置いてきた一方で、医療費・後期高齢者支援金などが3億7千万円増えている。特別な出費が無い中でも被保険者が減り、一人あたり医療費が増加する中で保険税に反映しないために基金の取り崩しをせざるを得ない。
渡辺:来年度の保険税について引き上げを予定していないか? 
町:できれば保険税引き上げをしない方向で考えている。
渡辺議員は年金スライド制も本格的に実施され、ますます暮らし向きが厳しくなることが予想される中、来年度からの国保税の引き下げを再度求めました。
★今年・来年の国保・一般会計の予算・決算での繰越金、基金の動きを引き続きチェックするほか、一般会計からの繰り入れを含めて、他に保険税を引き下げる方策についてさらに調べます。

②小児医療費助成を中学卒業までの通院を含む拡充を求める
町長の所信表明にこのことが触れられていなかったこと、6月の浅賀議員の質問で、町側も今年度、中学校まで通院についても小児医療費の無料化を準備するという答弁をしていたことから、現状の確認と来年度からの実施を求めました。二宮議員も同様にこの件を取り上げました。
町長は「公約にも入れており、次年度かどうかはわからないが助成拡大の作業は進めている。」とコメント。私は医療費助成が無い府県で、歯科要治療の生徒の受診率が三割強にとどまっているケースを紹介し、さらに子育て世帯臨時特例給付金が削減されると、経済的な影響は大きく、一日も早い実施が求められる。成長期の子供が公平に医療を受けられる制度の来年度からの実施を求めました。
★時期についての明言は避けたが、助成拡大の作業を進めている旨の回答。今後来年度の予算などをきっちりチェックし、実施の状況を確認していきます。

③コミバス含む地域公共交通の整備
 現在、ルートや料金について要望の多いコミバス、デマンドタクシー(にのタク)について、早期のルート・料金の変更などを求めました。
 昨年十二月から今年十月で、コミバスは利用者数が一日あたり35名、にのタクは7名という状況です。 町としては利用者の安定には三年程度かかり、頻繁な変更は利用者の減少を起こしかねない、現在のルート・時間帯の中で地域の方と利用促進を図っていきたいという考えを示しました。ただし、行先の見直し、予約システムの変更など事業者との交渉ができるものについては、できるところから対応したいとの意向も示しました。
 にのタクの料金をバス並みに設定することは難しいとのことですが、にのタクをコミバスに変えてはという問いに対しては、町は、そういう選択肢もあるが、利用者数の確保が前提になるとの考えを示しました。
 貸し切りバス業者への委託、団地中央までの延伸、乗り継ぎ時の割引など提案。観光振興・産業振興という観点に加えて、自分の意思で移動する権利を守る観点、コミュニティづくりと密接なかかわりがあることと住民の参画を強調し、三年を待たない時期の改善を要望しました。
★他地域での事例をさらに調べるとともに、団地中央への延伸や乗り継ぎ時の割引などを具体化するようすすめます。

 (実際に3テーマで60分の質問時間を使い切るつもりでしたが、再質問で確認したい点についても、一回目の説明で町のほうが説明をする場面が多く、合計の質問時間が30分強ともったいない時間の使い方になってしまいました。)

以上、一般質問の報告です。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

二宮町議会 2014年12月定例会本会議・常任委員会 

 

二宮町議会 2014年12月定例会が12月17日に始まりました。

<12月17日>
新町長の所信表明と人事・補正予算に関する即決議案の審議が行われました。

★村田新町長が所信表明を行い、総括質疑が行われました★
 村田町長は、現場に足を運び、対話を重ね、オープンでフェアな町政を行うとしたうえで、以下の三つの施策に触れました。
1 人口減少・高齢化が進む時代に合った町づくりとして、「町の財政のゼロから」の見直し。
2 子育て世代に選ばれる「安心して子育てできる」、「住みたい・住み続けたいまちづくり」。
3「毎日が楽しく安心・安全な」まちづくり。
 子育て環境の整備、跡地利用含め様々な施策決定・推進への住民参画、予算編成過程の透明化・見える化、二宮の持つ公園・自然など資産の活用、「まちづくり条例(仮称)」、「空家対策条例(仮称)」、「二宮町地域福祉計画」の策定などは、二宮町を子供からお年寄りまで、より住みやすくする施策として評価されるものです。
 一方、在宅医療・介護には触れつつ、施設介護や小児医療費の中学卒業までの拡充については触れておりません。また、公共施設再配置について、統廃合を含めての検討を進める方向は、各地区のコミュニティーや文化施設の役割を大きく変える可能性があります。
 小笠原議員(無)の総括質疑の中で、町長は、平成27年度には幅広い町民満足度調査を行いたい意向や、地域要望を議会とも共有する考えを示しました。また、一石議員(ネ)の総括質疑では、住民の参画・「まちづくり条例」の制定に関して強い意欲を示しました。 
今後二宮町でも高齢化がいっそう進む中で、自治体が地域住民の福祉を守る役割がより一層強くなります。そうした課題に村田町政がどう対応していくか注目されます。

★一般会計補正補正★
・菜の花まつり期間中に、キッチンカーが吾妻山 旧管理事務所跡に出ます。 この使用料金として、5万円を収入予算として計上されました。
・歳出として、光熱水費が電気代の高騰のため、大幅に歳出見込みが増えました。
・高齢者向け肺炎球菌ワクチン接種事業での利用者見込みが増え、270万円の増額、肺がん検診も受診者が増え、170万円の増額がされました。
・光熱水費が合計で約900万円上がっている。電気代の高騰ということであるが、さらに調べる必要あり。
・二宮小学校で一か所借地として残された部分(二宮町二宮字内原866番1(251㎡))について購入見通しがたったため、2500万円を予算化することについて、①この部分だけが借地として残っており、今回の購入で小学校の敷地が町のものになる ②購入予定価格は、鑑定価格の50%であると町の説明。
<賛成しました。>

★介護保険特別会計補正予算★
・65歳以上の方の死亡・転出が前提より多くなったための誤過納などの増加で60万円歳出増。
<賛成しました。>

★人事案件★
固定資産評価審査委員会委員 松木勝一氏
人権擁護委員 石綿貞子氏
<賛成・承認しました>

<12月18日>
常任委員会が開催されました。
①教育福祉常任委員会

「介護従事者の処遇改善のために国に意見書提出を求める陳情」、「安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・大幅増員のため国に意見書提出を求める陳情」、「福祉労働者の処遇改善・人材確保について国に意見書の提出を求める陳情」の三件の陳情は、すべて賛成多数で採択されました。

★「介護従事者の処遇改善のために国に意見書提出を求める陳情書ー神奈川県医療労働組合連合会」★
・働き甲斐があるからと選んだ職場なのに、、処遇の問題で辞めてしまう・変わってしまう。こんなことでは人が育ちません。また、事業所も人の確保で困っています。そのような状況を放置することは二宮町の介護の将来についても、在宅であれ、施設であれ、危機感を感じます。 介護事業に様々な職種があり、それらがバランスよく改善されることで、魅力的な職場になると考えます。<採択>

★「安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・大幅増員のため国に意見書提出を求める陳情-神奈川県医療労働組合連合会」★
医療を安全に・かつ安心して受ける権利が、医療現場での働き手の不足や厳しい環境で脅かされることは許されることではありません。命にかかわることは優先順位一番であるべきです。現場の改善を求めます。<採択>

★「福祉労働者の処遇改善・人材確保について国へ意見書の提出を求める陳情ー全国福祉保育労働組合神奈川県本部」★
陳情第9条と同様、担い手が不足することで介護・福祉が成り立たなくなることに大きな危機感を覚えるとともに、担い手の方々が働き甲斐をもって定着・育っていただくことの必要性を感じます。また、それには時間のかかることです。12月16日、政府は介護事業者に支払う介護報酬を来年の改定で引き下げる方針を出しました。そのことが事業者の収入低下とサービス低下につながる恐れを感じます。この陳情書はそういった中で、時宣にかなったものと思います。<採択>

★「二宮町放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例」★
賛成多数で可決。

・学童の人数が増えた場合にこの基準(1.65㎡、指導員+補助40名当たり2名)を盾に、詰め込みをしたりしないか。また、指導員を育てるという観点でベテランと新しい指導員が組み合わされることが必要と質問しました。 それに対して、町は「学童保育の運営・環境に大きな変更がなされる場合には保護者会と相談をする」と答えました。
時代が変わる中、子育て支援の大きな柱として、保護者・指導員の方々で育てて来た二宮町の学童保育に対して町のより一層の支援を期待するものです。 また、子ども子育て会議が形式的にならないように見守っていく必要があります。<賛成しました。>

★不燃ごみおよび粗大ごみの処理に関する事務の委託に関する協議について・資源物の処理に関する事務の委託に関する協議について★
・来年4月からの広域ごみ処理にあたり、事務委託を平塚市に行います。経費は平塚市と基本的には利用量に応じて按分されますが、その公平性と透明性について意見が交換されました。両自治体から構成される連絡会議は年2-3回公開で開催されます。
<賛成しました。>

;">②総務建設経済常任委員会
★二宮町風致地区条例★・風致地区条例は、県から町に権限が委譲されることに伴い、町として条例化されるものです。これまで吾妻山周辺が風致地区として重なるところが多いため、開発には制限がかかってきました。
・風致地区の制定や運用に関する基準・手続きについては今後とも要綱の制定などが必要とみられます。
<傍聴でありましたが>現在問題になっている下町4丁目の造成や将来予測されるKDDI施設の跡地などの開発行為の規制にこの条例を適用できないか見解を問いましたが、直接の適用は難しいのではないかということです。今後、この条例と環境条例・まちづくり条例との関わりがどうなっていくか見守る必要があります。

★二宮町火災予防条例の一部改正★
・人の集まる所で露店での火災事故を起こさないために、屋外の催しについて、防火管理が必要な場合は、火災予防の業務計画を消防長に提出することになります。

★二宮町消防団員等公務災害補償条例の一部改正★・公務災害で死亡もしくは重篤な障害を受けた場合の、児童手当の支給要件が変わります。

+++++
初めての本格的な質疑・審議でした。 なかなか議会独特のルールに慣れないこともありましたが、町民の皆さんの代表としては、いつまでも甘えたことを言っているわけにもいきません。 頑張ります。

なお、22日・24日は一般質問が行います。
私のほうは、22日の第3番で、①国保税の引き下げ、②小児医療費の拡大・拡充、③コミバスを含む公共交通の整備について取り上げます。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

南関東ブロック3議席獲得+沼上さん大健闘 

 

昨日(14日)は、総選挙の投票日。 朝、投票を済ませました。
<比例区>
 結果は報道された通りですが、二宮での得票を前回との比較で見た場合(表中、カッコ内は2012年の選挙結果)は、日本共産党と自由民主党が増やしています。 安倍内閣の突然の解散で、準備ができなかったとのコメントもあるようですが、やはり、自民党との政策面での対決軸が示せない第三極(?)には国民の支持が集まらなかったということでしょうか。日本共産党は政治を変えたいとの思いを受け止めることができたと思います。 得票率でも、前回比で200%以上です。 町政でも、国政でも、生活第一の目線で取り組みを強めます。 そのために、はたの君枝さんを国会に送り出すことができて本当に良かったです。 (服装もまた君枝オレンジに戻して良かったぞー。)
自由民主党   4,913 票(4176)
民 主 党    2,392 票(2648)
維新の党     2,099 票(2908、日本維新の会)
日本共産党   1,929 票(1017)
公 明 党    1,327 票(1264)
次世代の党    380 票(-)
生活の党      347 票(-)
社会民主党    328 票(362)
幸福実現党     44 票(47)
みんなの党     -(1804)
未来の党       -(954)
(無効等320 票)

<小選挙区>
 沼上候補は短い期間でよくここまで頑張ったと思います。 でも、行く先々でいろんな人と話をして、二宮のことや今の皆の暮らし向きも実感したのではないかと思います。 これからもより一層の頑張りを期待します。
河 野 太 郎 〔自由民主党〕  8,906 票
池 田 東 一 郎 〔無所属〕     2,424 票
沼 上 と く み つ 〔日本共産党〕 2,345 票
(無効等406 票)

 ところで、投票率の低さが二宮でも気になるところ。選管の発表では、前回よりもさらに5ポイントも下がって、56.84%。 ジャーナリストの青木理さんが”静かなファシズム”と呼んでいる状況が恐ろしい。安倍首相は、選挙に勝てば、大きな声で言って来なかった”集団的自衛権行使”や”憲法改悪”、”原発の推進”などなんでもありで進めてきます。国民の気持ちや願いこそが実現すべき道。 皆で頑張りましょう。

***
 夜は、開票立会を行いました。 夜、しんしんと冷える中、開票場の二宮小学校体育館は火気厳禁のため、選管の準備してくれたひざ掛けと背中に入れたホカロンが頼みでした。 午後11時50分に立ち合いのお仕事は終了。 
 その時間でもう車のフロントガラスは霜で真っ白でした。
 役場の若い人たちは、コートを着ないで頑張ってました。
 悲しかったのは、無効票に”落書き”がかなりあったということです。中には、入れる人がいないというものもあるのですが、悲しくなるような落書きもありました。 残念ながらそれを読むのは、開票立会人とそれをまとめる役場の方のみ。どんなメッセージは多くの方には伝わらない。 私たちも、もっともっと状況・情報と日本共産党の政策を広く知らせていく努力を続けていく必要があると痛感しました。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

比例カー二宮駅に・12月議会議案でました 

 

8548.jpg
 
月曜日(12月8日)夕方、比例カーが小田原から平塚までキャラバン。途中の二宮駅駅頭で街頭演説。 それから大磯を経て、平塚まで行きました。議会も手が抜けないのですが、とにかく自公に勝たせたら「何でもお任せされた」ことにする安倍首相。こんな人に勝たせるわけにはいかんのです。
平塚駅前では、ほろ酔いの紳士が「私は自民党だが、共産党が野党第一党になってほしい。自民党もめちゃくちゃだ。野党がちゃんとしなくては自民もだめになってしまう。あとの野党は訳が分からん。頑張ってくれ。」と励まし(?)の言葉を残していかれました。

昨日(10日)、12月定例会の議案を取りに伺いました。 
学童保育の設備・運営の基準についての条例案がありますが、これについては心配事が多い。限られた時間ですが、より良い学童保育を実現・保障するために慎重に審議します。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

二宮町継走大会 

 

昨日(7日)は、継走大会の開会式に出ました。
いつもは、中継点までの選手送迎で、開会式とスタートに参加するのは初めてでした。 この冬一番の冷え込み。選手のコンディションを最高に維持するのは大変なことだと思います。 
地区を代表する18チームと二宮高校陸上部、星槎学園高等部湘南校、消防署の3チームが参加する一方、2地区では残念ながらチームを組めなかったようです。チーム構成も中学生が占める割合が増えているように感じますが、スポーツに対する関心は高まっているといわれる一方で、町ぐるみのイベントに対する関心の変化を反映しているのか複雑に思います。
今年は、ITチームの協力で第3中継所(果樹公園)の様子をインターネットで配信。 運動場でも見ることができました。 
たくさんのスタッフの方の支援で実現した今回の継走大会。 関係の方、お疲れ様でした。
 

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

二宮町議会臨時会 初めての議会 

 


 昨日(12月4日)、二宮町議会臨時会が開催されました。初めての本会議。議長・副議長選挙から始まり、各委員会と正副委員長の選任を行い、つづいて、急いで承認すべき案件を審議しました。
 三役として議長に添田孝司氏、副議長に根岸ゆき子氏、監査委員に杉崎俊雄氏を選びました。また、表のように委員会構成を決定しました。 構成を決定しました。添田氏は所信表明の中で「議会基本条例を策定して来た立場と経験を活かし、より多くの町民の意思を町政に反映させることのできる」議会運営を強調しました。 新しい議会構成は表のとおりです。

2014年二宮町議会委員会構成

 また、追加日程の中で、①衆議院解散に伴う選挙に要する補正予算についての専決処分の承認、②人事院勧告を受けての職員給与に関する条例の一部改正、③同様に特別職の職員の給与に関する条例の一部改正、④~⑧人事異動および給与改定を受けての補正予算(一般会計、国民健康保険特別会計、後期高齢者医療特別会計、介護保険特別会計、下水道事業特別会計)について審議、可決されました。

年間の勤勉手当については、0.15ヵ月分増えます
 人事院は、民間と国家公務員の給与の比較をし、差異があった場合には「勧告」を出します。今回、町は勧告を受け容れ、①若年層に重点を置いた月例給の引きあげ(平均0・2%、初任給2000円)、②通勤手当を距離に応じて改定、③勤勉手当の支給月数を0・15月分増加させることとしました。これらは2014年4月に遡って適用されます。
 しかし、この改定の原資を確保するため、来年1月1日の昇給についても人事院の勧告に基づき、1号給抑制が実施されます。また、この改定は正規の職員のみに適用されます。
 現在町では正規職員とほぼ同数の臨時職員が働いています。多様化する住民のニーズに応えていくためにも職員の充実が必要です。国は「地方創生」など耳触りの良いことを言っていますが、人材確保を含めた財源移譲こそが必要です。

 一日、委員会室と本会議場を行ったり来たりでした。 これから、より住みやすい二宮づくりに向けて頑張ります。と気持ちを固めるのであります。

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top